色々な四柱推命がありますが・・・

この記事は約2分で読めます。

最近、ブログ書きが滞っています。少し忙しいためです。受講者の皆さんからいただいたブログ記事のテーマも、まだまだ沢山、残っているので少しずつ書きます。

 

四柱推命もいろいろ、四柱推命のプロもいろいろいます。気にしていないようで、私のことを目の敵にしているようなプロもいます(今は多少は穏やかになりましたね~)。どこの誰だか、そのうち、このブログで公表しようかどうかと思うくらい、色々な驚きのエピソードを持っています。まあ1つ言えるのは、「人の四柱推命のことが気になるようでは、まだまだアナタの四柱推命もたいしたことない」ということです。言ってしまっては悪いのですが、あなた様は、自身の命式を見て、「私って四柱推命の才能あるな~」とでも本気で思っているのですか?

 

誰が何と言おうと、自分の四柱推命が最高で最強だと、自身で思うなら、それでいいではないですか。しかし、いちいち、よその四柱推命に首を突っ込んでアレコレ言いたくなるのでしょうね。私はアナタのされる四柱推命を否定もしませんし肯定もしませんよ。それはアナタのやってる四柱推命理論に興味関心が全く無いからです。応援もしないし、スゴイとも思わない。何とも思わない。他人から見たら、自身のしている四柱推命って、所詮、そんなものです。自身の四柱推命は凄いんだ!という意識は「上達の妨げ」になります。

 

そのうち、私と四柱推命で「どちらが当たるか?」を勝負してみますか?私は全然構いませんよ。そのほうが「現実」が分かっていいかもしれません。よその四柱推命をアレコレ言う前に、まずは、ご自身の腕を磨きなさい。井の中の蛙ではいけません。

 

error:
タイトルとURLをコピーしました