どうでもいい話シリーズ 役員報酬 

この記事は約2分で読めます。

昨夜から「今期の役員報酬をいくらにするか?」でだいぶ考えました(ようやく決まりました)。前期より10万ほど増やしました(月額で10万ほど増えたということ。年間で120万以上増えます)。

私は、「自営業や法人経営は夢、可能性がある」といつも思ってます。業績次第ではどんどん給料を増やすことができるからです。業種も選び放題ですし(どんな職業でもやろうと思えばできます)、好きなように仕事ができます。口うるさい上司もいません。疲れたら昼寝もできます(仕事に差し支えない範囲で)。空いた時間で趣味もできます。

弊社は3月から新しい期になり、3月分からの毎月の役員報酬(来年2月分まで)が、最初の数か月の期間は変更できます。この役員報酬額は毎月同じ額でないといけません。一度決めたら、その額を12か月続けないといけません。「今月は売り上げがいいから、今月分だけ役員報酬を10万増やそう」などはできません。役員報酬を増やすと手取りは増えるとは言え、社会保険料も増えますし、翌年の税金がド~ンと増えます。

 

自営業は良いことばかりではありません。明日の仕事があるかどうかの保証はありません。来月の仕事が、今くらいにあるかはわかりません。会社役員を除いて、毎月の収入は一定していません。今月40万だったのが、来月は29万などもあり得ます。仕事は自分で見つけてこないといけません。毎日、上司から言われたことをして勤務時間が終了して帰るという働き方はできません。「売り上げ」が出ないと食べていけません。

 

仕事日の前日夜中に何かトラブルが起きたら(例えばパソコンが起動しない、データが消えたなど)、徹夜してでもトラブルの復旧をしないといけません(これは私がよく経験しました)。よほど業績が安定していないと、単独での住宅ローンはかなり組みにくいです(これも経験しました。個人事業主も会社社長も、銀行からの信用はほぼ変わりません。1番信用があるのは公務員です)。

「会社勤めのほうがよっぽど気楽」と思うか、「自営業のほうが無限の可能性がある」と思うかは皆さん次第です。

 

error:
タイトルとURLをコピーしました