いちおう四柱推命のプロだけど・・・本当は四柱推命に自信がない・・

2018年11月3日中国式四柱推命

弊社(M&L コンサルティング)の行う四柱推命通信講座には、一般の方はもちろんのこと、時々、プロの四柱推命占い師さんも受講を申し込まれます。よその四柱推命講座で習って、プロ活動を始めたけど、「よくわからない。自信がない。四柱推命のことを表面上しか分からず、プロと名乗っている。日本式の四柱推命なので、格局とか喜神、忌神とか出せない」などなど、何だか色々な悩みを抱えている方がいるようです。

 

1つエピソードを紹介。もう7年ぐらい前のことです。まだ弊社が法人成り前の、個人事業でやってた頃です。営業時間の夜7時を過ぎて、少し残業をしてたところ、留守電をし忘れた固定電話が鳴りました(いつもは午後7時ぐらいで留守電にする)。もう営業時間を過ぎて8時近くだったので、電話を取らずにほったらかそうとも思ったのですが、「こんな時間帯に電話が鳴るのは珍しい」とも思い、受話器を取ってみました。

 

すると女性の方で、「四柱推命を習いたいのですが・・」ということでした。通信講座ですし、ウェブ上に講座申し込みフォームも用意していましたが、わざわざ営業時間を過ぎた夜8時近くに電話してきて、四柱推命通信講座を習いたいなんて、ちょっと何かありそうだと思いつつ、女性の話を聞いてみました。

 

もう7年も前のことなので、少し記憶があいまいですが、その電話してきた女性は既に、とある占い館でプロの占い師として活動中でした。四柱推命も一応は知っているけど、その占い館の店長にさわりだけ教わった程度の知識しかないとのこと。その教わった四柱推命も「日本式」の四柱推命なので、格局も喜神も忌神も出さない(出せない)。なので、一からしっかりと四柱推命を勉強して、自信を持って、お客様に良い時期、そうでない時期などをお伝えしたい。という感じでした(記憶があいまいな部分があり、正確ではない点があるかもしれません)。

 

私は、「熱意」には弱いので、すぐにその女性の受講を認めて講座を始めました。その女性が習い始めて、数か月が過ぎたのち、その女性の方と、お電話で話をする機会がありました。ところが、なんだかすごく意気消沈しているというか、切羽詰まった感じです。どうしたのだろうと話を聞くと、「勤めている占い館の店長に、今、習ってる中国式の四柱推命を、どんなものか教えてほしいと言われたので、それはできない、先生(私)に失礼だからと断ったら、いきなり占い館を辞めさせられた」という内容でした。このメチャクチャな店長に非常に憤りを感じましたが、それにも増して、この女性は何と凄い人かと思いました。

 

私のような宮崎の田舎者のことを信じてくれて、私の教える中国式の四柱推命が、関係の全く無い部外者に流出するのを、自身の身を削って守ってくれたんですね。私はその女性に特別、何もしてあげられず、ただただ励ますしかできませんでしたが、本当に、この時のことは感謝してます。「この方にはしっかりと四柱推命を教えてあげたい」と思いました。

 

話が逸れましたが、私のことを信用してくれて、今やっている四柱推命(今、教わっている四柱推命)を忘れて、中国式の四柱推命に飛び込んできてくださる勇気ある方については、私も一生懸命、講座で教えます。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村 ←今回の記事がためになりましたらクリックで応援をお願いします。
皆さまのお陰で創業11年目を迎えます。

 

■■この記事を書いた人■■
武田将和(たけだまさかず)
M&L コンサルティング株式会社

代表取締役

1976年生まれ   42歳

四柱推命歴20年。他の運命学には目もくれず、ひたすら中国式の四柱推命だけを研究中。2009年に個人事業主として、「M&L コンサルティング」を創業する。2013年に法人成り(M&L コンサルティング株式会社)。2019年で創業11年目を迎える。