どうでもいい話  わが子とゲームコーナーへ(いくらお金を使う?)

この記事は約4分で読めます。

※春休みの最中、ゲームコーナーにて、「1万円」を使いました。

現在、娘は春休みです。「●●●(某店)のゲームするとこに行きたい(ゲームコーナーに行きたい)」というので、休み中に1度、娘をゲームコーナーに連れていく予定です。メダルゲームやら、クレーンゲームやら色々なゲームが沢山あるところです。なお、こういう場所には普段から、ほとんど行きません。1年に1回行くか行かないかぐらいです。

 

さて、ゲームコーナーで遊ぶには「お金」がかかります。春休み中に1度だけ、娘をゲームコーナーで存分に遊ばせようと思ってますが、その予算はいくらだと思われますか?3000円、5000円、1万円・・・・いえいえ。予算は制限いっさいなしです(笑)。いくらでも使います!

 

まあせいぜい、多くても2万円ぐらいかなと思ってます。万が一、2万円で足りない時は3万円でも4万円でもいいと思ってます。とにかく好きなだけ遊ばせようと思ってます。予算制限は付けないと決めてます。さすがに4万とかは使わないと思いますが。

 

「思いきっり遊ばせることで何か見えるものがある」という考えと、「娘がどの程度、ゲームに熱中するか、どんなゲームを好むのか、どれほどゲームが上手いか」を見たいのと、「嫌というほどゲームをさせて、そのあと、どんな状況になるかを見てみたい」という考えがあります。

 

私の親に文句を言うわけではないですが(笑)、私は幼少期から成人するまで(自身でお金を稼ぎだすまで)、割と節約、節制の日々を送りました(家庭の経済的な事情も関係したと思います)。好きなおもちゃは、あまり買えず、好きな漫画(キン肉マン)を全巻集めるなどはできず、キン消しもあまり買えず、コロコロコミックもいつも買えず、ファミコンソフトもしょっちゅう買ってもらえず(小学生時代、ファミコンを持っていたくせに贅沢な言い分かもしれませんが)、ゲームセンターで存分に遊んだこともありません。

 

幼少期から20歳までの抑圧された強い思いが、おそらく今、爆発しているような気がします(現在、お金が多少あるせいか、あまり悩まず、ポンと欲しいものを買ってしまいます)。

 

とにかく1度だけ、ゲームコーナーで娘を思いっきり遊ばせます。この1度だけは、お金は惜しみません。その後、「またゲームでたくさん遊びたい」など言いだして、前回と同様な出費を親にねだりそうだったら、「おとうさんは、仕事を一生懸命がんばって、お金をもらえてるから、この前、ゲームがたくさんできたんだよ。お金がたくさんあればゲームがたくさんできるんだ。だから、●●ちゃんも、大きくなって、お金をたくさんもらえるように、おとうさんみたいに、お金をもらえる方法を勉強しなさい」と諭します(笑)。

 

こんな躾が正しいかどうかわかりませんが、「思いっきりやってみる(やりたいことをやりたいだけ)」という経験は、娘にたくさんさせたいと考えてます(そこから見えるもの、出てくるものがあると考えてます)。

 

私は子ども時代、「やりたいことをやりたいだけやること」が、ほとんどできませんでした。その点の心残りはありますし、その思いを叶えたいという思いが関係したのか、今現在、やりたいことをやりたいだけできるようになりました(必死で努力した結果です)。最近、キン肉マンの本を全巻揃えました。

 

娘を経営者に育てたいなどの考えはあまり無いのですが、「お金を稼ぐこと。どうやってお金を稼ぐのか?経営者としての心得みたいなもの」自体は早いうちから教えたいと思ってます(それを教えた上で、経営者は嫌だ、なりたくないというなら、それでいいと思ってます)。学校の勉強は、ほどほどでいいと思っていますが、勉強自体は好きみたいで、某大手教材を毎月、取ってます(タブレットで毎日、勉強してます)。

 

学校の勉強が「無駄」だとは思いません。ただ、世の中で生きていくために必要な「お金」の取得方法のもっとも最上級のものが(沢山、給料をもらえそうなのが)、「良い大学行って、待遇の良い安定した職に就くこと」という考えは、娘には絶対に教えたくないです。いや、こういう考えもあるということだけは伝えますが、「この考えは、かなり古い」とは教えます(笑)。

 

大人になってのち、お金を得る方法として、「自分で稼ぐ(ビジネス)」というやり方もあるということを、私は成人するまで誰にも1度も教えてもらった記憶がありません。お金を得る方法として、「どこかにきちんと就職する(まずはハローワークに行く)」というのが私の23歳頃までの考えでした。それがだんだん変化し始めたのが24歳頃からです。ビジネスに興味を持ち、「会社勤めしなくても、自分で仕事すれば生きていけるのでは?」と沸々と考えるようになりました。こういうことは、「早いうち」から考えてないと、なかなか実行に移せません。

 

私は娘に国語、算数、理科、社会を学んでもらうのはもちろんのこと、「ビジネスとマネジメント」も早いうちから教えたいと考えてます。それと、「人の心理」や、「人生とは何ぞや?」なども教えます。四柱推命も教えます(嫌がられたら諦めますが)。

error:
タイトルとURLをコピーしました