四柱推命について

私は四柱推命を用いて、人様の運命や運気やリスクの時期などを読むのが大事な仕事です。ご相談を申し込まれる方の大半、そうですね・・・65%前後の方は、現在、忌神運(いまがみうん)の真っただ中に入ってます。まあ、当然と言えば当然です。運気が悪くなって、色々問題が生じて、にっちもさっちも行かない状態でお困りだからこそ、わざわざご相談を依頼されるのでしょう。現在、喜神 ...

四柱推命について

四柱推命は本当に、色々な流派がありまして、それぞれ、判断の仕方や、定義などが色々違い、初学者の方の中には、「一体、どこが正しい四柱推命なんだ?」と混乱される方もいると思います。世のプロの四柱推命をする方も本当に色々といらっしゃいます。それらのプロの皆さんは、それぞれ勉強してきた「教科書」と教わった「先生」が違ったりしまして、同じ流派の四柱推命でも判断結果が真 ...

四柱推命 傷官

四柱推命で傷官(しょうかん)という星があります。傷(きず)という字面から、あまり良いイメージが浮かばないかもしれませんね。また、正官や偏官などの「官星」を剋すのが傷官(しょうかん)です。女性にとっての正官、偏官は「男性、恋愛相手、結婚相手」を意味します。その官星を剋す関係から、傷官(官を傷つける)という名前が付きました。   そして、配偶者、男性を ...

四柱推命 正官

現在は四柱推命をネット上で学べる時代です。四柱推命の色々な考え方や解釈が載ってる四柱推命のサイトが沢山ありますし、四柱推命は通信講座で学べるものだと思います。そんな現在ですが、1つ、注意しないといけないことがあります。   「ネットを使って情報に素早くアクセスできる点は良いが、ネット上の色々な情報の中には真偽の怪しいものがあり、また玉石混交。その情 ...

四柱推命鑑定 相談者様からの感想

四柱推命鑑定の感想をいただきました。ありがとうございます。感想の中で、「四柱推命を極められた」と過分なお言葉をいただきましたが、私、全く極めていません。まだまだ、ひよっ子もいいところです。「44歳」という年齢ですが、私が中国式の四柱推命で視て、その年から非常に金銭運が良くなる時期になってたので伝えたら、たまたま当たったというだけです。   店を任さ ...

四柱推命について

四柱推命がよく当たる為に大事なことを説明します。通変星の並びや、天干通変星と、蔵干通変星の組み合わせによる意味の取り方や解釈は大事ではありません。十二運と通変星の組み合わせや、天中殺、空亡の深い理論の習得が大事ではありません。十二運の強弱で、身強、身弱を判断する危なっかしい四柱推命もあると聞きます。   四柱推命がよく当たる為に大事なのは、「格局( ...

天中殺、空亡、大殺界は怖くない!

天中殺を気にする人が、あいも変わらず多いです。心配無いのに、心配している。昔、天中殺で一儲けした、和泉とかいう人がいましたが、その和泉さんは、「天中殺は嘘でした」と公言しました。   それなのに未だに天中殺を信じる人が多い。天中殺は、心配無いのですが、少し心配しなければならない時期があります。それは、「忌神(いまがみ)の三合」です。天干に忌神(いま ...

四柱推命鑑定 相談者様からの感想

四柱推命鑑定のお客様より感想をいただきました。ありがとうございます。   先日、四柱推命でみていただいた「〇〇」です。初めて、「四柱推命って当たるんだ」と思いました。私が今まで勉強してきた流派では、「身強」と言われてました。(私自身は外格かもしれないな・・・と思ったりしてました)。で、今回は従格(外格)とのことで、喜神と忌神が反対となりました。驚い ...

四柱推命 劫財

四柱推命の通変星の1つ、「劫財(ごうざい)」について説明させていただきます。四柱推命では財多身弱(ざいたしんじゃく)という用語があります。この財多身弱(ざいたしんじゃく)とは、命式において、財星(ざいせい)が強くて、日干が弱い状態になってるものを指します。財星(ざいせい)とは、日干の五行が剋す相手の五行が該当します。   例えば、日干が金(庚、辛) ...