社名の由来

依頼されてる皆さま、お待ちください。年末年始の休業期間中、新規のお客様から(特に講座)のお申込みが、結構ありました。本当にありがとうございます。こんな宮崎の田舎者を信用して下さり、ありがたく思います。海外在住のお客様からのお申込みもあったりで、本当に「インターネット」の力は凄いと改めて感心しました。私が高校生の頃、まさか将来、こんなやり方のビジネスを自分自身が行えるとは全く想像できませんでした。

 

さて、弊社(M&L コンサルティング株式会社)の、「M&L」の由来について書いてみます。さかのぼること10年前の2009年の3月下旬。当時住んでた貸家にて(独り暮らし)、必死に屋号名を考えてました。3月初めに会社勤めをやめて無職になっていたので時間だけは十分にありました。とにかく朝から晩まで、ウェブサイト制作を自身でしながら、屋号名を考えてました。「四柱推命」を仕事で使うというのは決定してましたが、「占い師」という肩書や、屋号名に「占い」が付くのも何だか嫌だな~と感じてました。四柱推命は使うけど占い師と見られたくない。

 

「仕事で四柱推命を使うけど、四柱推命で何をしたいのか?どうなりたいか?」を考えてみると、「四柱推命を使いつつ、企業へのアドバイス(人事とか、その他もろもろ)がしたい」という希望が当時はありました。「企業へのアドバイスだったら、かっこよく言えばコンサルティングだな」ということで、「コンサルティングを屋号に入れよう」と決まりました。そして、「何にアドバイスをするのか?」と考えると、「経営者へのアドバイスだから、マネジメントへのアドバイス。そして、一般の方の人生(ライフ)へのアドバイス」

 

●management(経営、経営者)

 

●life(生命、生活、人生)

 

managementと、lifeへのコンサルティング。頭文字を取って、「M&L コンサルティング」。

 

・・・というわけです。MとL、どちらを先にするかで少し迷ったのですが、L&Mより、M&Lのほうがしっくり来ました。また、「仕事で四柱推命を使うけど、占い師ではない」という意識が当時よりあったので、ささやかですが、lifeよりも、managementが先(本筋)という意味合いです。

 

そして現在、managementへのアドバイスよりも、lifeへのアドバイスのほうが仕事としては多いし、何より、四柱推命自体を教える仕事(講座)が活況です・・・。これは本当に想定外でした。私の特質というか能力というか、そんなところが、「四柱推命を教えることに合ってた」と理解するしかありません。2009年の3月時は、「四柱推命の講座をしよう」なんて全く思っていなかったのですから。「講座内容に価値が無ければ、受講者さまも途中で嫌になってやめるだろうから、講座事業は続かないだろう」という考えで、あまり気負わず講座を始めたら、「ところがドッコイ」でした。人間、どんなところに適性があるか分からないものです。需要があることはありがたいので、需要のある仕事に全力で取り組んできました。

 

今年は、とある個人事業主様への売り上げアップのミッションがありますので、こちらも頑張ります。売り上げアップのアドバイスについては、基本的には四柱推命を抜きにした現実的なアドバイスを行います。弊社は、お客様の殆ど(99.9%)を、「ネット」から迎えてますので、このノウハウを、これからお客様を増やしたい個人事業主様にアドバイスしていこうと思います。

 

ネットからお客様を迎えるために大事なことは、「アメブロを使わないこと」です(笑)。アメブロヘビーユーザー様には申し訳ないですが、アメブロにいつまでも頼ってては、ご自身が成長しません。弊社はアメブロを一切使わない、フェイスブックを一切使わない、ツイッターを一切使わない、インスタグラムを一切使わない、ラインを一切使わないを徹底してます。使うのはウェブサイトと、ブログのみ。この2つだけで十分にお客様は来ます。ただし、正しく頑張ればの話です。「正しい頑張り方」を皆さまにアドバイスいたします。

 

 

■■この記事を書いた人■■
武田将和(たけだまさかず)
M&L コンサルティング株式会社

代表取締役

1976年生まれ   42歳

四柱推命歴20年。他の運命学には目もくれず、ひたすら中国式の四柱推命だけを研究中。2009年に個人事業主として、「M&L コンサルティング」を創業する。2013年に法人成り(M&L コンサルティング株式会社)。2019年で創業11年目を迎える。