虐待

依頼されてる皆さま、お待ちください。色々と慌ただしく仕事してます。この前の小学4年の女の子の虐待の詳細がニュースで出るのを見るたびに、たまらない気持ちになりますし、この父親が憎い。よその子でも、虐待されたとか聞くのは辛いものです。

 

私も小さい子ども(女の子)が1人いますので、最近は子ども関連のニュースに敏感になりました。もう他人だろうとなんだろうと関係ないです。虐待してそうな家庭を見つけたらジャンジャン児童相談所に通報しましょう。勘違いでもいいんです。虐待は起こってないとしても、虐待かな?と疑われるような家庭は、虐待発生の予備軍かもしれません。

 

虐待されてて地獄の日々の子どもは逃げ出せないし、どうしたらその地獄から抜け出せるかもわからない。救えるのは周囲の大人だけです。

 

虐待している親は、基本的には「弱い」です。社会的、経済的、心理的に「弱い」から、自分自身に自信がありません。そのストレスのはけ口が、自身より立場の弱い配偶者や子どもに向かうことになります。

 

経済的に安定していて、仕事が上手くいってて、家族の仲が良くて、心理的に安定している人は虐待、暴力などは一切しません。

 

虐待親は、対外的に虚勢を張りますが、しょせん虚勢ですから、中身は何もありません。大声を出したり、怒鳴ったり、わめいたり、脅したり、ちょっとした正論や知恵で反発するかもしれませんが、子どもを精神的、肉体的に苦しめているという事実が疑われるなら、淡々と児相に通報すればいい。何か自身に危害があれば警察に通報すればいいです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村 ←今回の記事がためになりましたらクリックで応援をお願いします。
皆さまのお陰で創業11年目を迎えます。

 

■■この記事を書いた人■■
武田将和(たけだまさかず)
M&L コンサルティング株式会社

代表取締役

1976年生まれ   42歳

四柱推命歴20年。他の運命学には目もくれず、ひたすら中国式の四柱推命だけを研究中。2009年に個人事業主として、「M&L コンサルティング」を創業する。2013年に法人成り(M&L コンサルティング株式会社)。2019年で創業11年目を迎える。