四柱推命に本物も偽物も無い 

四柱推命の起こり

依頼されてる皆さま、お待ちください。1つ小話をします。ネット上にて、「こんな四柱推命は偽物だ。我こそが本物の(正当な)四柱推命流派だ」みたいな主張をする方を、ときどき見かけます。

 

他の流派の方が、「我こそは本物の四柱推命流派だ」と言うのは別にいい(構わない)と思ってます。どうぞどうぞという気持ちです。

 

ただ、「何を基準に、何の根拠を元に、ご自身の四柱推命流派が本物なのか、よその四柱推命流派が偽物なのか?」についてはきちんとした、史実に基づく説明をしていただきたいと個人的に思います。根拠を示さず、あれこれ他流派の批判に終始する意見など何の価値もありません。

 

※史実に基づいた説明をきちんと行った上で、「我が流派こそ本物だ」と主張される方は・・・ほとんど見かけないです。

 

ちなみに私は、どこの四柱推命が本物、どこが偽物など興味は一切ありません。私がやってる中国式四柱推命の流派が本物だとも思っていませんし、偽物だとも思いません(そんなことを考える興味が無い)。私は、「この流派の四柱推命はよく当たるし面白いな!」と感じて、中国式の四柱推命を好き好んで、勝手に勉強しているだけです。受講者さまに「強制」したことも一度もありません。言い方は悪いかもしれませんが、私が書いてるブログや弊社ウェブをご覧になって、受講者さまが勝手に一方的に興味を持たれただけです。

 

四柱推命の神様が、「この流派が本物です。他の四柱推命流派は偽物です」と言ったのなら、その神様の言葉を信じます。しかし、「四柱推命の神様って誰よ?」ってなってしまいます。四柱推命の神様・・・・私的には、一応は(正しくはないと思いますが)、「劉伯温」さんだと勝手に思ってます(正しくないと言うのは、劉伯温さんよりも以前に、四柱推命を創始したと言われる歴史に名を残す人はいるので)。

 

ただ、現時点において、四柱推命の歴史上、最も優れた四柱推命書とよく言われるのは、「滴天髄(てきてんずい)」なので、その書を著した人ということで「劉伯温」さんを「四柱推命の神様」と表現するのは誇張でもないと勝手に思ってます。

 

私個人の考えですが、「四柱推命の神様と称されてもおかしくない人間は、日本人ではない」と思います。しかし、これを言ってしまうと、日本人が開祖の四柱推命流派の関係者で反発される方がいらっしゃるかもしれません。しかし、四柱推命は日本人が編み出したものではないのは事実です。四柱推命の歴史上、名著と言われる書のほとんどが中国の書です。ただ、「四柱推命」という用語を作り出したのは日本人です。中国などでは「四柱推命」と呼ばず、「子平、命理、三命、八字」などと呼びます。

 

「何でお前は日本人なのに、そんなに中国を応援するんだ」と思う方もいるかもしれませんが(笑)、応援でも何でもなく、「事実」を言ってるだけです。四柱推命上、最も優れていると言われる書は、四柱推命関係者の中では「滴天髄」。その滴天髄を著したのは「劉伯温」さん。劉伯温さんは日本人ではありません。私は勝手ながら、四柱推命の神様は、「劉伯温さん」と思っています。まあ、1人の四柱推命人間の戯言と捉えてください。

 

※いや、四柱推命の神様は、劉伯温じゃなくて、徐子平だと考える方もいるかもしれません。色々な意見があっていいと思います。また、「いや、四柱推命の神様は日本のA先生だ」と考える方もいるでしょう(それに対して、私は腹は立ちません)。色々な意見があっても良いじゃないですか。例えるならば居酒屋で飲みながら、四柱推命談義に花を咲かせている状態です。

 

そこを「いや、こうだ!この考えが絶対で、他は間違いだ!」と強硬に主張すると、要らぬ争いになりかねません。私は自身の考えを、他者に強制はしません。

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村 ←今回の記事がためになりましたらクリックで応援をお願いします。
皆さまのお陰で創業11年目を迎えます。

 

■■この記事を書いた人■■
武田将和(たけだまさかず)
M&L コンサルティング株式会社

代表取締役

1976年生まれ   42歳

四柱推命歴20年。他の運命学には目もくれず、ひたすら中国式の四柱推命だけを研究中。2009年に個人事業主として、「M&L コンサルティング」を創業する。2013年に法人成り(M&L コンサルティング株式会社)。2019年で創業11年目を迎える。