8月は四柱推命通信講座を休む受講者さまが多い

2019年8月1日四柱推命通信講座

依頼されてる皆さま、お待ちください。8月から四柱推命通信講座を始める皆さま、宜しくお願いします。

 

そして、私のほうから講座の休講をお願いしている数名の受講者さまについては、まだ講座を始められる状況ではない点をお詫びいたします。本当に申し訳ありません。もう少し業務状況や、その他が落ち着いたのち、準備万端な状態で講座を再開したいと考えてます。準備が不十分な状態で講座を再開しても、また講座が中断になってしまうのは避けたいと考えてます。

 

さて、ココだけの話です。8月の四柱推命通信講座は「改元記念特別サービス」として(5月もやりました)、奇数日、偶数日問わず、毎日、皆さんに講座を実施します。通常はAコースの方は奇数日が講座日で、Bコースの方は偶数日が講座日という風に分かれてます。簡単に言いますと、「頑張り次第では、8月だけで2か月分近くの講座を受講できるかもしれないということです。今から、弊社に受講希望を出されて、8月から受講を始めた方も、この特別サービスの対象になりますよ。

 

さて、8月になりましたが、どうも今月8月は「講座を休講される受講者さま」が普段の月より、かなり多いです。なぜだろう?と考えましたが、すぐに理由が分かりました。

 

「お子様が夏休みに入ったこと(小学校、幼稚園など)」が関係しているようです。弊社の四柱推命通信講座は、お子様を育てながら、講座を受講されてる女性の方が多いです。夏休み中はお子様が家にいることが多くなりますので、講座メールを落ち着いて読める時間が減ってしまいます。そんな理由で、「講座を休む」のは大歓迎です(笑)。いや、大歓迎という表現はおかしいかもしれませんが、「子どもが夏休みだから講座を休む」で何も問題ありません。

 

「8月は旅行とか、帰省とかあるから講座を休む」でも構いません。「暑いから勉強する気にならないので休む」でもいいですよ(笑)。「少しゆっくりしたいから休む」でも構いません。講座を休む理由は何でもいいですし、その「休む理由」を私に言わないと休めないということは一切ありません。「〇月は講座を休みます」だけでオッケーです。もちろん、講座を休む月の受講料は支払う必要はありません(当たり前ですが)。講座を再開する際は、「進んでたところ」から再開します。

 

弊社の四柱推命通信講座は、「いつでも休める、いつでも再開できる、いつでも自由にやめられる」の3つのポリシーを大事にしてます。

 

「そんな、いつでも自由にやめられたら困るんじゃない?(少しは縛りをもうけるべきじゃない?)」とお考えになる四柱推命講座関係者の方はいるのでしょうか?

 

私は、講座の受講者さまが、いつでも自由に講座をやめるのは何も困りませんよ。それはなぜか?

 

「そう簡単に講座をやめていかないだろう」という自信があるからです(笑)。やめるのが惜しいと思っていただけるような講座をしているつもりです。

 

しかし、講座受講料を一括でウン十万、前払いで支払わせて(一括しか受け付けない)、途中で講座をやめる場合も、返金には一切応じないというルールの四柱推命講座って、受講されるのは。ある意味、「賭け」ですね・・(やっぱり合わないとか、講座内容に納得いかなくて、途中でやめたくなっても、お金返してくれないんでしょ?)。

 

まあ、色々な教育機関では、「そんなルールが一般的で普通」なのかもしれませんが。弊社は、「そんな普通」はございません(冷静に考えれば、おかしいでしょ)。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村 ←今回の記事がためになりましたらクリックで応援をお願いします。
皆さまのお陰で創業11年目を迎えます。

 

■■この記事を書いた人■■
武田将和(たけだまさかず)
M&L コンサルティング株式会社

代表取締役

1976年生まれ   42歳

四柱推命歴20年。他の運命学には目もくれず、ひたすら中国式の四柱推命だけを研究中。2009年に個人事業主として、「M&L コンサルティング」を創業する。2013年に法人成り(M&L コンサルティング株式会社)。2019年で創業11年目を迎える。