虚栄に満ちた弱い犬

2019年8月19日四柱推命日記

依頼されてる皆さま、お待ちください。「あおり運転&暴力」の容疑者が逮捕されました。同乗していた女も逮捕されました。まさしく類は友を呼ぶです。似たような男女ということ。そして、この男、一見、強面で怖そうな雰囲気ですが、心は不安でいっぱい、「精神的に弱い人」だと、当初から何となく感じていました。逮捕後、色々なエピソードが出てくると、やはりそんな感じがします。この犯人、安定感の無い、精神的に不安定なところを感じます。

 

暴力を振るう男は、例外なく、「弱い男」です。「社会的、精神的、経済的」に強い男は暴力を振るう必要が一切ありません。

 

世の中には、「自分は弱いこと」が他者にばれてしまうのを極度に恐れる人がいます(今回の犯人もそんな感じ)。そして、自身の弱さ、未熟さ、不完全さを隠すため、やけに暴力的になります(暴力を使って、弱いと思われないように自身の強さをアピールする)。言い方を変えると、「暴力」ぐらいしか、この男が他者に勝てるものは無いということです。寂しい男です。心の中はいつも空虚です。自身が空虚だということを自覚はしているが、それを絶対に、世間に認めたくない(知られたくない)ので、なけなしのお金を散財して見せかけの豊かさをアピールする。おそらく経済的に困窮まではいかなくとも、さほどお金に余裕は無かったと感じます。

 

※職業が、「会社役員(社長とか)」とのことですが、貧乏な会社経営者は多いです(個人事業でなく法人で)。会社役員だから、フトコロも潤ってて金持ちとは限りません。

 

人生を生きていく中で、ある日、気付いたのではないかと思います。「自分自身は他者に誇れる、他者より優れたものは無い」ということを。そこから、「虚構、虚栄、虚勢」の人生を少しずつ送りだしたのでしょう。そして、だんだん、虚構、虚栄の人生が、この男にとっての、「本当の人生」になってしまった。

 

本当に強い人は、強そうに見せる必要もなく、その存在の凄さを皆が分かっているので、虚勢を張る必要性が全くありません。本当に強い男は、「大人しくて控えめで地味」です。人間が派手な振る舞いをするのは、「見栄、虚勢」からです。

 

「弱い犬ほどよく吠える」です。

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村 ←今回の記事がためになりましたらクリックで応援をお願いします。
皆さまのお陰で創業11年目を迎えます。

 

■■この記事を書いた人■■
武田将和(たけだまさかず)
M&L コンサルティング株式会社

代表取締役

1976年生まれ   42歳

四柱推命歴20年。他の運命学には目もくれず、ひたすら中国式の四柱推命だけを研究中。2009年に個人事業主として、「M&L コンサルティング」を創業する。2013年に法人成り(M&L コンサルティング株式会社)。2019年で創業11年目を迎える。