生まれた時間が分からないと、四柱推命はできません

この記事は約6分で読めます。

弊社にお問い合わせをされるお客様の中で、「生まれた時間が分からないのですが、四柱推命鑑定は難しいでしょうか」という方がちょくちょく、いらっしゃいます。

 生まれた時間が分からないと「四柱推命(しちゅうすいめい)」はできません

生まれた時間が分からない場合、四柱推命鑑定は難しいというか、できません。三柱推命(さんちゅうすいめい)ならできますが、三柱推命(さんちゅうすいめい)でもヨロシイですか?できることなら三柱推命(さんちゅうすいめい)は絶対にしたくないのですが、それでもいい!三柱推命(さんちゅうすいめい)でもいいからやって下さい!という勇気あふれる方がいましたら、弊社までどうぞお申し出ください。

 

ただし、「精度」は期待しないでくださいね。三柱推命(さんちゅうすいめい)でもいいという方は、「万が一、とことん鑑定結果が当たらなくても、文句は一切言いません」という覚悟がある方と見なします。

 

「あれ?以前、占ってもらった四柱推命の先生は、生まれた時間が分からなくても大丈夫って言ってたけど・・」という方も結構いるでしょうね。そうです。世の中には、「生まれた時間が分からなくても鑑定する三柱推命プロ」と、「生まれた時間が分からない場合、鑑定自体を受け付けない四柱推命プロ」の2通りが存在するのです。私は後者です。アメブロやってる四柱推命占い師では前者が多いと思います。

 

なぜ、私が、「生まれた時間が分からないお客様」からのお申込みをお断りするのか?それは、「格局が正しく出ない恐れがある」ということです。格局が正しく出ないと、正しい喜神・忌神が定まらない。正しい喜神・忌神が定まらないということは、十干の喜忌も十二支の喜忌も定まらない。十干、十二支の喜忌が定まらないということは、どの通変星が良いか、どの通変星が良くないかが定まらない。

念のために言っておきますが、「どの通変星が良いか、どの通変星が良くないか」というのは、正財、正官、印授が良い星で、劫財、傷官、偏官、偏印は悪い星とか、そういう時代錯誤な考え方によるものではありませんよ。この点は誤解の無いようお願いします。傷官でもすごく良い場合もあるし、すごく良くない場合もありますので。

 

通変星の良し悪しが定まらないということは、例えばですが、三柱だけで命式を出して(時干支は出さない)、ものすごく財星が強い命式になったとして、従財格(じゅうざいかく)になるか、それとも単に財星が強い、身弱の内格(みじゃくのないかく)になるかがハッキリ断定できない。

 

もし、時干支を出して、時干が食傷や財星や官星なら従財格になると思います。しかし、印星や比劫が時干にくると、従財格にならない可能性が高いです。時干支に何が来るか?が非常に大事ということです。

 

この例では、従財格になる、ならないの決め手が、「時干支(生まれた時間)」に掛かってくるということです。従財格なら財星が良い星になり、身弱の内格なら、財星が悪い星になる。もし、身弱の内格であれば、この財星の五行の意味する部位の健康面はあまり良くないでしょうね。でも従財格ならノーブロブレムです。身弱の内格なら財星の五行の部位で健康面に注意だけど、従財格なら健康体という判断になる(今回の例は、あくまでも大雑把な見方で言ってます)。

 

今回の例だと、時干支が分からないと(生まれた時間が分からないと)、「不健康か、健康か」がはっきりしないんです。また、お金縁についても、従財格と身弱の内格では結構な違いが出ます。また仕事面でも大きな違いが生じます。男性の命式なら結婚縁の良し悪しに関わります。その他、性格面においても、財星の強い従財格と、財星の強い身弱の内格では、似ている面はあれど、根本的な部分で大きな違いが生じます。

 

その他全ての四柱推命判断において、「どっちなんだろう?良いの?良くないの?」ということになります。まあ、従財格になるにせよ、身弱の内格になるにせよ、「財星が強い」ということだけは共通しているので、その「財星が強い」という点から、財的な行為、発言、言動が目立つ方だろうというとこまでは四柱推命解釈は可能です(これが三柱推命です)。よって、下記に載せた解釈なら簡単にできます。従財格か身弱の内格か、どちらの格局でも下記は大体は当てはまります。何度も言いますが下記は三柱推命ですよ。

 

「あなたはお金使いが少し荒いところがありますね。もしかしたら少し借金があるのではないですか?もし借金があるとしたら、何年から何年の間か、何年から何年の間でできた借金でしょう。気前よくパッと使ったりすることがお好きなようです。入るお金も結構ありますが、出ていくお金も多いようです。それと株、為替、金融、投資などに興味をお持ちでしょうか。向いてるとは思いますが、時に大損しかねませんので、慎重さを忘れないようにしてください。もし〇〇の部位が弱いようでしたら(お客様に尋ねてみて、そうだとしたら)、過去、平成〇年から〇年の、〇月から〇月頃が、〇〇の部位、または〇〇の部位、もしくは〇〇の部位が不調だったかもしれませんね」

 

※上記は三柱推命での解釈です。四柱推命ではありませんよ。この程度の解釈なら、生まれた時間が分からなくとも可能ということです(こんな占い師みたいな解釈、普段は絶対にしません)。上記解釈は、全て当てはまるかは分かりませんが、大体は当てはまるのではと思います。

 

生まれた時間がわからない場合、生まれた時間を調べて四柱推命判断すべきです

現在、とあるお客様の「生まれた時間」を調べています。この「出生時刻を調べる作業」は、弊社のサービスメニューには存在しません(特別裏メニューみたいなもの)。有料で行ってます。私個人的にはしたくない作業なので(とにかく労力が大変なので)、サービスメニューには載せていません。しかし、「どうしても」というご要望があれば、無料ではしませんが(無料で行う時間的な余裕はございません)、有料なら承ります。

 

責任を持って、絶対に生まれた時間を探し当てる!という覚悟でやりますので、相応の労力費用はいただきます(安価では承れない作業とだけ言っておきます)。

 

お客様から情報をたくさん、いただきまして、現在、その情報とガチ~ンと合う命式を探してます。お客様によると、全く出生時刻の見当が付かないとのことです(午前生まれ、午後生まれも何も分からない)。当初は、「大丈夫かな~(見当付くだろうか)」と不安でしたが、現在のところ、「この格局だろう」というものが見えてます。あとは、その格局になる複数の時間帯から、「1つの時間帯」をどう選ぶかですが、何となくですが、「これかな~」というのが見えてます。まだまだ検証作業を念入りに行う必要がありますし、まだまだ「考える」必要があります

 

・・・最後に余計な話ですが。「生まれた時間?ああ、時間は分からなくても四柱推命はできるよ~。大丈夫」などと言ってる占い師には十分にお気を付けください。ここのところだけは絶対に譲れません。「生まれた時間」を使わない四柱推命・・・いや三柱推命占い師には、ほんとうにお気を付けください。日本のいたるところに、「三柱推命占い師」が生息してます。特に、「アメブロ」に多いです。関東に多いです(笑)。東京とか多そうです。その他の特徴としては、四柱推命なのに、「天中殺」などが出てきます。

 

error:
タイトルとURLをコピーしました