四柱推命通信講座の感想 「精密な判断の仕方がいろいろあることを詳しく書いてくださり・・」

四柱推命通信講座 感想

今年も残りわずかなので、どんどん書きます。四柱推命通信講座の受講者さまよりメールをいただきました。いつもありがとうございます。

 

上級命式課題●の解説〇をありがとうございました。いつも、どの解説も楽しく学ばせていただいておりますが、今回の解説は特に面白くていつも以上に繰り返し読みました。

 

従格と〇〇で独立に向く、向かないがあるのは知っていましたがこれはおおまかな傾向であって、精密な判断の仕方がいろいろあることを詳しく書いてくださりすごく興味深かったです。こういう細やかな部分を知るとより深く細やかな鑑定ができるようになるなあと、とても嬉しくなります。本当にありがとうございました。次回の講座もよろしくお願いいたします。

 

いつもありがとうございます。上級コースは、「プロになってもらうためのコース」と考えています。よって、「私がどういう風に考えたか、なぜそのように考えたのか、なぜ、そのような判断に至ったか」をなるべく詳しく解説してます。言わば、「私の頭の中」を見せている状態です。このブログでは、私の頭の中は表面的にしか見せていません。

 

私の率直な感想ですが、中国式の四柱推命は良い面も多いですが、「解釈」の点では、日本式の四柱推命のほうが日本人らしさがあるというか、細やかで雑多であり面白さを感じます。中国式の四柱推命で優れている点は、「吉凶判断の鋭さと正確性」だと感じます。解釈、読み解き方の点では、日本式の四柱推命は何でもありというか、非常にバラエティに富んでいますし面白いです。

 

「中国式の四柱推命にも良い点があるし、日本式の四柱推命にも良い点がある」というのが私の率直な感想です。私は、流派1つに馬鹿正直にこだわる考えはありません。基本のシステム(中国式四柱推命)は崩さずに、より細かく雑多に色々なことが分かるような四柱推命を、「自身で構築したい」と思っています。そのためには、色々な四柱推命の「良いとこ取り」というか、「仕事に使える四柱推命理論は流派に拘らず何でも使う」という気持ちで勉強しています。

 

例えば、その命式の方が、「文系なのか、理系なのか(感覚的か、理論的か)」の判断ですが、中国式の四柱推命では・・・出てきていないというか、私が見落としているかもしれませんが、学んだ書には書いてなかったです。そんなことでも、よその四柱推命の書にはポンと普通に書いてたりするので、それを拝借するわけです(笑)。そして実際に試してみると案外、それが当たったりします。「当たるなら使う。当たらないなら使わない」の繰り返しが、私の四柱推命における勉強方法です。

 

 

■■弊社へのお問い合わせ、ご相談、四柱推命通信講座のお申込みは下記から■■

中国式四柱推命を駆使したアドバイス、ご相談、四柱推命鑑定申し込みフォーム

四柱推命通信講座のお申込みフォーム

四柱推命ソフトウェア 不動心 購入申し込みフォーム

弊社へのお問い合わせフォーム

■電話でのお問い合わせは0982-27-0224まで

(営業時間は午前9時から午後6時までです。土曜、日曜は休業します。業務状況によりお電話をお受けできないこともございます)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村 ←今回の記事がためになりましたらクリックで応援をお願いします。
皆さまのお陰で創業11年目を迎えます。

 

■■この記事を書いた人■■
武田将和(たけだまさかず)
M&L コンサルティング株式会社

代表取締役

1976年生まれ   43歳

四柱推命歴20年。他の運命学には目もくれず、ひたすら中国式の四柱推命だけを研究中。2009年に個人事業主として、「M&L コンサルティング」を創業する。2013年に法人成り(M&L コンサルティング株式会社)。2020年で創業12年目を迎える。一児(娘)の父親。