宝くじ高額当選の時期が、まぐれで当たってしまった四柱推命鑑定

この記事は約3分で読めます。

「宝くじに当選した方」から、相談の前にいただいたメールを紹介します。文章を少し省略しています。

 

過去に何度か、弊社に相談されているお客様より

今回のお客様は、弊社が個人事業の頃からのお客様であり、大事なお客様です。ちなみに、「宝くじに当選すること」を予測は全くしていません。あとで話を聞いて、かなりビックリしましたから(しかも予想をはるかに超える大金!!!!)。

 

「この年は・・・あ~、金銭運はいいだろうね~」と大運、年運を見てて感じたので、それをそのまま、お客様にお伝えしただけです。●●●●万が当選するとは全く予想していません。いわば、「まぐれ」で当たったということです。

 

欲深い占い師だと、そのまぐれを最大限に活かして、「宝くじが高額当選する年を四柱推命で当てます」なんて触れ込みで仕事をするかもしれません。「欲に目がくらんだ方々」がわんさか来るでしょうけど、面倒です。私の四柱推命で、宝くじが当たるかどうかなんて分かりません(まぐれ当たりですから)。

 

先生から言われたことがその通りになってびっくりします

先生は、実際にその後その人がどうなったかということについての、検証とまではいかなくとも、確認というか、そういうことには関心はあられないですか?私は先生から言われたことがその通りになってびっくりします。

関心はありますが、検証する前に、日々の仕事で忙殺されて忘れてしまうというか、お客様に対して、自分が何て話したかを忘れることも、しばしばです。私がお伝えした通りになったと、お客様よりご報告を受けるのはもちろん嬉しいですが、心の奥底では、「まあ当たって当然でしょう」という気持ちも少々あります(笑)。

 

この時期にはこうなるだろう、この時期にはこんなことに注意など、私の最大限の四柱推命技術で推測してますので、それが多少当たるのは「当たり前」です。当たらなかったら、「自信」を無くしてしまいますし、中国式四柱推命への信頼が揺らいでしまいます。当たらない四柱推命ばかりしてても、評判が下がって食べていけません。

 

○○頃にお金が入ってきますよ、と先生に言われて・・

それが一番分かりやすかったのは、以前お電話でお願いした時に、○○頃にお金が入ってきますよ、と先生に言われて、私はその時期をメモしていなかったのですが、実際に〇〇のはじめに少しまとまったお金を得ました。

 

電話では、え~?どこからお金が?ほんとに入ってきたらいいですね~!(笑)って、そういう風にお答えしたのを覚えています。

 

〇〇のことでずっと借金が無くならない生活が続いているようで、それも先生にはそう言われていました

それからたしか、●●歳までには独立したくなる、というのも、その時にはそうは思えなかったのですが、●●歳になった今はそんな気がしています。ほかには、●●のことですが、〇〇のことでずっと借金が無くならない生活が続いているようで、それも先生にはそう言われていました。不思議です☺️

 

当日またどんな見立てをいただけるか楽しみです😃
宜しくお願い致します。

 

ありがとうございました。この時は、お客様よりも、私のほうが、当選金額を聞いて、かなりビックリしました(笑)。今後とも宜しくお願いします。

error:
タイトルとURLをコピーしました