四柱推命ソフト 不動心の使い方 「保存データを別のリストへコピー」

この記事は約2分で読めます。

四柱推命ソフトウェア不動心の使い方を説明します。今回は、「保存データを別のリストへコピー」してみます。まずは下記の画面をご覧ください。

 

このようなデータがあるとします。名前は「不動ちゃん」です。この不動ちゃんのデータが保存されている場所(リスト)の名前は、「不動心説明用1」です(画像の上部真ん中に、そのデータの保存されているリスト名が表示されます)。このデータでは、格局を「身強の内格」と入力して、十干の喜、忌、十二支の喜、忌も入力してます。

 

 

では、この「不動ちゃん」のデータを、そっくりそのまま、別のリストにコピーしてみます。まずは画面右側上部の「リストボタン」をクリックして、「不動心説明用1」のリスト画面を表示します。

次に「不動ちゃん」のデータの箇所にカーソルを持ってきてクリックしたあと、画面右側上部にある、「コピー」ボタンクリックすると下記の画面が表示されます。

 

不動ちゃんのデータのコピー先を選ぶ画面です。では、「不動心説明用2」のリストにコピーしてみます。不動心説明用2のところをクリックすると、下記のように背景が青くなると同時に、下にある「OK」ボタンがクリックできるようになるのでクリックします。

 

 

「OK」ボタンをクリックすると下記が表示されます。

 

きちんと「不動ちゃん」のデータが、「不動心説明用2」のリストにコピーされたか確認します。「不動心説明用2」のリストに変更するため、設定画面を開いて、「不動心説明用2」のところにチェックを入れて、下部にある決定ボタンをクリックします。

 

 

下記の画面に変わります。画面真ん中上部に「不動心説明用2」とあるので、現在開いているリストが変更されたことが分かります。

 

では、「不動心説明用2」のリスト画面を開いてみます。画面右側上部の、「リスト」ボタンをクリッすると、下記画面が表示されます。


先ほど、「不動心説明用1」のリストからコピーしたデータが入っていることが分かります。ではコピーしたデータから命式などを表示させてみます。不動ちゃんデータのところをダブルクリックします(または画面上部の表示ボタンをクリックでもいいです)。

 

「不動心説明用2」と画面上部にあります。入力した喜、忌もそのままコピーされてます。

 

error:
タイトルとURLをコピーしました