日記も書きます。本当は日記もどんどん書きたい・・

ご相談を依頼されてる皆さま、お待ちください。このセリフは(依頼されてる皆さま、お待ちください)、以前の四柱推命ブログ でいつも記事の書き出しで用いてたセリフなのですが、SEO的にはどうなのだろうと考えて最近、やめてたのです。でも、やっぱりこのセリフが無いと、何だか調子が出ない気がしたので(何年もやってたルーティン)、使おうと思います。

 

こんな日記的な記事もたまには書こうと思います。もちろん専門的なことも、これからどんどん書いていきます。「最近、先生はよく記事を書くね~」と思ってる受講者さまがいると思いますが、それには理由があります。この新しいブログ(八字ドットコム)を作ったばかりなので、当初は訪問される方が少なかったのです。訪問者が少ないのはやはり寂しいものですから、訪問者を増やそうと思い、どんどん記事を書いてたら、ここ数日で検索でもどんどん引っかかるようになってきてます。グーグル先生、本当にありがとうございます。グーグルって本当に偉大というか、ネットを使って仕事をする方は、絶対にグーグル様とは仲良くしておかないといけません。

 

話は変わり。今月24日に、オリジナル四柱推命ソフトウェア、不動心の開発エンジニア様のお宅を訪問して、色々と手直し、新機能追加のお願いをしてきます。この打ち合わせも、これまでに何十回と行いました。根気よく、私の説明を聞いてくださった、エンジニア様には感謝しかありません。私の望む機能が付いてる中国式の四柱推命ソフトウェアが、この世に存在するなら、わざわざ5年とウン百万をかけて、弊社が作る必要は無かったのです。しかし、私の望む機能が付いてる中国式の四柱推命ソフトはこの世に存在しませんでした(なんで、誰も作らないんだろう?とも思いました)。

 

「だったら、うちが作るしかない」と決意して、作り始めたのが2012年頃です。当初は、「本当に、こんな夢のようなソフトはできるのだろうか?」と不安もありましたが、エンジニア様が非常に賢く、数学にもお強い方だったのが良かったです(私は数学、物理が本当にダメです)。太陽黄経による、節入り日時などを算出するところなんて、私は完全にお手上げで(理屈は分かってますが、実際の計算式などチンプンカンプン)、エンジニア様に全て任せっきりでしたが、それにも関わらず、エンジニア様が、ネット上から色々な情報を収集した結果、太陽黄経の天文学の計算をしっかり理解されました(すごいとしか言いようがありません)。そのプログラムを不動心に実装できたことで、精度ある節入り日時、月令の算出が完全にできるようになりました。これで「不動心は完成が見えた」と確信しました。

 

まあ、こんな感じで、ソフトウェア開発は色々と苦労がありました。今となっては良い思い出です。

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村 ←今回の記事がためになりましたらクリックで応援をお願いします。
皆さまのお陰で創業11年目を迎えます。

 

■■この記事を書いた人■■
武田将和(たけだまさかず)
M&L コンサルティング株式会社

代表取締役

1976年生まれ   42歳

四柱推命歴20年。他の運命学には目もくれず、ひたすら中国式の四柱推命だけを研究中。2009年に個人事業主として、「M&L コンサルティング」を創業する。2013年に法人成り(M&L コンサルティング株式会社)。2019年で創業11年目を迎える。