住信SBIネット銀行さま ありがとうございます 「事業性融資 (dayta)」

四柱推命日記
この記事は約3分で読めます。

全然、四柱推命とは関係のない話です。弊社がいつもお世話になっている住信SBIネット銀行さまより、昨日、融資を受けました。率直に言うと、今回お金がどうしても必要だったわけではありません。住信SBIの法人口座を持っている会社の社長さんなら分かると思うのですが、「事業性融資 (dayta)」というサービスで融資を受けました。

 

「事業性融資 (dayta)」では、「一定の条件を満たした会社のみ」に、「今月、いくらまで借りられますよ。金利は何パーセントです」と住信SBIさまのほうからお知らせしてくれるんです。こっちから融資のお願いを一切してなくても、住信SBIさまのほうから案内が来るというありがたい便利なサービスです。

 

数日前より、住信SBIサイトにログインすると、「事業性融資 (dayta)」の案内(今月いくらまで借りられます)が届いていたので、「今は特に困ってはないし、お金も多少の余裕はあるけど、貸してもらえるなら借りようかな。さらに余裕を持っておくと、いざ何か起きた時に安心だな(また、コロナがぶり返すかも分からないし)」と数日、考えた上で申し込みました。金利は4%ほどで借りられました(額は言えませんが、100万も借りていません)。返済期間は1年です(12回払い)。

 

返済総額は借りた分に1万数千円の金利を足した額です(私個人的にはこの程度の金利なら「安い」と感じます)。金利の額は、私の1回のコンビニ買い物、10回分ぐらいです(笑)。

 

今回は住信SBIの方と少しお電話で話して、最近の弊社の経営状況や、弊社の主な業務内容などお話しました。以前に2度ほど、「事業性融資 (dayta)」で借りたことはありましたが、今回は初めて、お電話で質問などを受けました。やはり、住信SBIさま側も、コロナの影響などを気にされているのかなと感じました。

 

しかし、融資を受けると(お金が口座に入金されると)、ほっとします。この感覚は世の社長さんなら分かるはずです。会社にとっての、「お金」は血液のようなものと感じます。滞りなく循環しないと「危ない」という感覚です。

常識的なことですが、住信SBIさんに限らず、世の銀行さんは、安定している会社にお金を貸すものです。本当に危ない会社、危機的状況の会社には、まず貸してくれません(貸しても返ってこない可能性の高い会社に貸すはずがありません)。だったら、「借りれるときに借りよう。貸してくれるなら借りておこう」という考え方に社長さんは自然となります。私も法人作って間もない頃は、「無借金経営がいいんだ。借金など、できることならしないほうがいい」と信じ込んでいましたが、今は考え方が変わりました。銀行さんから融資を受けて、返済を滞りなくしつつ関係性を持っておくと、いざという時にさらなる好条件で融資を受けられるかもしれないので、適度に借りておくのも「経営者としての大事なこと」かなと思います。

今回、住信SBIネット銀行さまより、短期間ではありますが金利4%で融資を受けることができて、本当にありがたいです(きちんと口座の入出金を分析していただいた上での評価だと思います)。今後とも宜しくお願いします。

事業性融資 (dayta)|法人のお客さま|住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行は、日々の入出金情報を元に、毎月、借入利率をお知らせします。普段通り、住信SBIネット銀行の口座を利用するだけで、毎月、借入利率のお知らせが届きます(当社所定の条件を満たしたお客さまに、借入利率をお知らせします)。
error:
タイトルとURLをコピーしました