受講者さまへの特典について

この記事は約3分で読めます。

最近、受講者さまへ、とある特典というか、ちょっとした御礼をご案内しました。あまり考えこまず、普通に受けl取っていただけたらと思います。「何か裏でもあるのでは?」と勘繰る方がいたかもしれませんが(笑)、何も裏はございません。それを説明します(このことを書こうか書かないほうがいいか少し迷いました)。

 

この特典は、「弊社(私)への気遣いに対する御礼」です。私のことを案じてくださった、その気持ちに対する御礼です。その気遣いが、ありがたかったし嬉しかったのです。私は今の仕事を初めて12年目になりますが、先日の台風10号が近づいてくる中で、12年で初めて、「死ぬ?死ぬのか?死んだらどうしよう」と不安を覚えました。

 

2009年に起業して、イケイケどんどんで仕事してきて軌道に乗せて会社作って、ここまで言わば、さほど苦労せずにやってきました。普段は言いませんが、自分自身の能力や実力にも、「猛烈な自信と自負」があります。そんな小生意気な考えが無意識に出ているせいだと思いますが、普段から、「誰からも心配してもらえない」というか、どちらかというと、「心配されること、気遣いをされること自体が、少し面倒」に感じるところがあります。

 

でも先日の台風10号は違いました。人生で初めての命に関わる体験をするのでは?と恐怖を感じました。そして受講者さま全員に「台風10号」についてのメール(業務連絡的なメール)を送りました。それに対する、受講者さまからの返信は何も想定していませんでした。心配して欲しかったわけではなく、「何も返信も反応も無いだろう」と思っていました。そしたら想定以上の結構な人数の受講者さまより、私のことを案じてくれるような内容のメールをいただきました。

 

多くのメールをいただいて、単純に、「ありがたいな~。こんな自分勝手な人間でも心配してくださるんだ」と感謝の気持ちしかありませんでした。弊社のこと、私のことを心配してくださる、妻、両親以外の方が日本に結構いるんだと思うと、「台風10号で死んでしまうわけにはいかない!」と強い気持ちが湧いてきました。大袈裟なようですが、これが本心です。

 

多くの受講者さまに気遣ってもらえたのが励みになりました。その気遣いに対する、私からの御礼です。本当に小さなちょっとした御礼ですが、こんな御礼でも少しでも喜んでいただけたらと思います。弊社や私のことを気遣ってくださる方には、今後も、「御礼」というか、「還元」を、色々な場面でしていきたいと考えてます。サービスの質を上げることと、サービス料金を下げることが、皆さまのプラスになると信じています。

 

何も裏はありません。「これだけ還元したから、こうしろ、ああしろ」は一切ないので、どうぞ遠慮なくお願いします。

 

error:
タイトルとURLをコピーしました