法人税 はじめて、そこそこ払った

この記事は約3分で読めます。

弊社の休業は5日までです。6日から仕事を再開します。前月4月は、決算の申告準備と提出で燃え尽きました。会社作って8期目の決算でしたが、今までで1番、お金を払いました。税務署、市役所、県税事務所の3つに支払いましたが、合計で32万ぐらい払ったと思います。弊社は小さな会社なので、この程度です。1期目から7期目までは均等割りとか、いうやつで、毎年、合計で81000円だけ払ってました(会計上、赤字なので)。

 

※会計上の赤字だから、「M&L コンサルティングは利益が出ていないんだ」と勘違いされる方がいそうですが、説明するのが面倒なので、説明しません(笑)。気になる方はご自身でネットで調べてください。会社としての利益は、毎期、出ていますが、会社にお金が残らないようにしていたので、会計上は赤字なんです。そうすることで、法人税はかかりません。ただし、会社にお金が残らないので、会社として使えるお金は少ないとなります。その辺のさじ加減は、いつも考えています。

 

「2020年はコロナのせいで売り上げが減るだろうと見越して、あらかじめ役員報酬を年間200万ぐらい減らしたら、全然売り上げが下がらず、むしろ過去最高売り上げになってしまい、予想以上に利益が出てしまった(会計上の利益)」ため、合計で30万ほど税金を払いました。弊社の場合、法人税率は15%です。利益に15%をかけます。100万の利益なら15%で15万円です。そこから法人税割やら、法人事業税など色々かかります。

 

これまでの通算で、繰越利益余剰金(くりこしりえきよじょうきん)が200万ぐらい、あったので、8期の申告では、それを使いました(気になる方は調べてください)。繰越利益余剰金を使って、残りの利益が100万少しでした。

 

今回の申告は「初めて」のことが多く、法人税のことも含めて勉強になりました。頭も結構使い、疲れました。

 

話は変わり。四柱推命通信講座のお申込みが連休中も数件、あってます。全員の方が受講できるか分かりませんので、その点、ご了承ください。6日よりご連絡します。

 

それと、四柱推命相談の問い合わせが何件かあってますが、「私は占い師ではない」ので巷の四柱推命占い師のような、「四柱推命鑑定(占い)」はしていません。私は、「アドバイザー、コンサルタント」であります。「四柱推命」を用いて、相談者の方の色々を事前に把握した上でアドバイスを行ってます。

 

弊社は、「アドバイス」することが仕事であり、「四柱推命」は、アドバイスを行うためのツール(道具)として使用しています(四柱推命以外を、道具として用いることはありません)。「四柱推命」がメインではなく、「アドバイス」がメインです。その点、お間違いのないようお願いします。

 

「四柱推命占い」を望むのでしたら、「四柱推命占いが専門」の四柱推命占い師さんのもとに行ってください。

 

error:
タイトルとURLをコピーしました