天中殺年の結婚は問題ありません。天中殺年の引っ越し、転職、新規事業も大丈夫です。

2018年11月7日天中殺、空亡、大殺界は怖くない!

天中殺年に〇をしたらいけない、〇はなるべくしないほうがいい、〇をすると、そのうち〇になる・・・・。こういう天中殺理論について、弊社の中国式の四柱推命は、「全否定」という立場です。これは天中殺の存在について否定しているのではありません(天中殺が存在すること自体、別にどうでもいいし、私には何も関係はない)。

 

「天中殺だから良くない、あれこれ新規のことはしないほうがいい。天中殺年に生まれた子供はどうのこうの。天中殺年に〇をすると、そのうちダメになる(結婚、独立開業、転職など)」については、「全く気にする必要は無し、気にするだけ無駄」と考えてます。そんなもの(天中殺)を気にして、一般の方々が人生の本当に良い時期を無為に過ごすことだけは、どうか避けてほしいと思わずにはおれません。

 

天中殺理論。当たらない人が50%、当たる人が50%。精度が50%の天中殺、100人中50人は当てはまるが50人は当てはまらない。これって理論と言えるほどのものでもなく、当たり前のことじゃないですか?好き、嫌い、美味しい、美味しくない、来る、来ない、暑い、寒い、仲が良い、仲が悪い、健康体、不健康、貧乏、金持ち、好調、不調・・・・。こんな迷理論を伝家の宝刀のごとく扱うプロの人間を、皆さん、どう思いますか?そうだね~、天中殺は気を付けないとね~、本当に怖いね~って思いますか?私は、この天中殺の真相を知った時(中国式の四柱推命を覚えたことにより、天中殺の精度の低さを知った)、「この業界の闇」みたいなものを感じました。

 

私は組織に属さず、自身の身1つで、10年間、今の仕事をしてきました。私が何か発言すれば、その責任は全て私に返ってくる。だから、私が何か言ったことで世の誰にも迷惑はかからないだろうと思い、言いたいことを言いたい放題、ウェブ上で言ってきました。こんな調子なので叩かれることもよくありました。生意気に思われて、相手が怒りだすこともしばしばでしたが、「天中殺の呪縛から抜け出せました」というお客様も結構いらっしゃって、逆に、私の活動を応援して下さる方もいました。

 

天中殺年が好調そうか、何かトラブルの可能性があるのか、どちらに転ぶか?は天中殺理論では、はっきり分かりません。では、どうすればわかるか。弊社で行う中国式の四柱推命ならわかります。どうぞ、冷静な気持ちで目を見開いて真実を見極めてください。

 

「現在、日本には(ネット上には)、どんな占い師がいるのか」をあれこれ調べてみると、10年前と何も変わってない。むしろ、逆に天中殺、空亡を平気で、何の臆面もなく使う占い師が幅をきかせているようにも感じ、「こんなことではいかん」と思っています。別に、天中殺、空亡を使うプロが存在すること自体はどうでもいいのです。どうぞどうぞという気持ちです。

 

私が嫌なのは、中国式の四柱推命で凄く好調な良い運気の年を、「天中殺だから大人しくしよう」なんて思って、人生の本当に良い時期を無駄に無為に過ごしてしまう一般の方がいることが許せないのです。一般の皆さまに非は一切ありません。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村 ←今回の記事がためになりましたらクリックで応援をお願いします。
皆さまのお陰で創業11年目を迎えます。

 

■■この記事を書いた人■■
武田将和(たけだまさかず)
M&L コンサルティング株式会社

代表取締役

1976年生まれ   42歳

四柱推命歴20年。他の運命学には目もくれず、ひたすら中国式の四柱推命だけを研究中。2009年に個人事業主として、「M&L コンサルティング」を創業する。2013年に法人成り(M&L コンサルティング株式会社)。2019年で創業11年目を迎える。