四柱推命には「良い命式・悪い命式」が歴然とあります

三柱推命とは
この記事は約14分で読めます。

またまた見つけてしまいました。それは、「命式に良い悪いはないなどと綺麗ごとを言う占い師」です。その記事を一通り覗くと、六字(ろくじ)が載っている。

 

良い命式・悪い命式を正確に判断できない六字(ろくじ)とは三柱推命(さんちゅうすいめい)のこと

六字(ろくじ)とは、下記のような「時干支(じえと)が載っていない命式」です。時干支(じえと)が無いので、時干(じかん)と、時支(じし)の2文字が足りず、六字(ろくじ)になります。

 

出生時刻から時干支(じえと)を出さないと、八字(はちじ)にはなりません。

生まれた時刻から、時干(じかん)、時支(じし)を正確に出してこそ八字(はちじ)になります。生まれた時刻による時干支(じえと)がきちんとあることで、正真正銘の、「四柱推命(しちゅうすいめい)」になります。

 

下記のように八字(はちじ)が揃ってこそ、四柱推命の正しい命式と言えます。天干(てんかん)が「壬、壬、壬、壬」で四字です。地支(ちし)は「戌、寅、午、寅」で四字です。天干四字と、地支四字を足すと、合計で八字(はちじ)になります。八字イコール、「出生時刻もきちんと見てますよ」と言い換えられるでしょう。

 

当ブログの名前の、「八字ドットコム」とは、この「八字(はちじ)」から来ています。中国では、「四柱推命(しちゅうすいめい)」という用語は用いず、四柱推命のことを「八字(はちじ)」、「子平(しへい)」、「命理(めいり)」などと言います。四柱推命(しちゅうすいめい)という用語は、日本人が考え出した造語です。

 

六字(ろくじ)の命式とは下記のような命式を言います。三柱推命(さんちゅうすいめい)とも言います。

上記画像のような六字(ろくじ)だと三柱推命(さんちゅうすいめい)となります。三柱推命(さんちゅうすいめい)とは上記のような、時干(じかん)と時支(じし)が載っていない命式を言います。

中国人が著した、中国産の四柱推命書において、「八字(はちじ)」ではなく、「六字(ろくじ)」が載ってて、その六字(ろくじ)からあれこれ解釈、解説している書は一冊も存在しません。必ず、時干支まで全て揃った命式(八字)から、解説や判断をしています。おそらく、三柱推命(さんちゅうすいめい)がここまで流行している国は、「日本」ぐらいだと思います。

 

三柱推命(さんちゅうすいめい)は、厳密には四柱推命(しちゅうすいめい)ではありません。

何度も言いますが、三柱推命(さんちゅうすいめい)は厳密には四柱推命(しちゅうすいめい)とは言えません。ところが現在、日本で活動中の自称四柱推命占い師の中に、「三柱推命(さんちゅうすいめい)」を扱っている人間が少なくありません。お客様の出生時刻が分からず、やむを得ず、三柱推命(さんちゅうすいめい)しかできないのは致し方ありません。

 

しかし、お客様の出生時刻が正確に判明しているのに、四柱推命(しちゅうすいめい)ではなく、三柱推命(さんちゅうすいめい)を平気で行う人間もいます。最初から、「申し訳ありません。お客様の出生時刻は分かっているようですが、あいにく私は四柱推命ではなく、三柱推命で占います。それでも宜しいでしょうか」などとアナウンスしてからお客様の了承を得て占うなら、まだ分かります。

 

まあ、三柱推命占い師自身が、「私は、実は三柱推命(さんちゅうすいめい)をしているんです。四柱推命ではないんです」などと言うことは絶対に無いと思います。口が裂けても言わないと思います。

 

それはやはり、「四柱推命(しちゅうすいめい)」だからこそのネームバリューであり付加価値であり、一目置かれる運命学を扱っているんだという自負とプライドからでしょう。でも真相は四柱推命ではなく、三柱推命(さんちゅうすいめい)・・・・。

 

一般の皆さんは、こんな三柱推命占い師に、お悩みやお困りのことを真剣に相談したいのでしょうか?三柱推命(さんちゅうすいめい)は四柱推命(しちゅうすいめい)ではないのですよ。似てますが違うのです。三柱推命(さんちゅうすいめい)には、四柱推命(しちゅうすいめい)のような精度が無いのです。

 

※性格占いとか、その他、命式本人のパーソナリティをあれこれバラエティ豊かに占うなら、三柱推命(さんちゅうすいめい)でも可能です。そのような占いで良いなら三柱推命でもいいんです。もっと重大かつ、当たらなかったら困るようなご相談を、三柱推命占い師に相談するのは危険なのでご注意ください。

 

おそらく、三柱推命占い師は、「時干支なんて、たいして重要ではない」などと思っているのでしょう。弊社の講座受講者さまなら、「時干支(じえと)」の重要性をよ~~~く理解されてます。

 

時干支(じえと)に何が来るか?で格局(かっきょく)も喜神(きしん)・忌神(いまがみ)も正反対になる可能性だってありますから・・・と言ったところで、三柱推命占い師は、「格局?喜神・忌神?何よそれ、格局なんて、先生は教えてくれなかったし知らないわよ。最近、喜神とか忌神が流行ってるみたいだけど、そんなもの信じなくていいのよ。気の持ちよう、思考を転換することで、どうとでもなるのが人生よ!」なんて思っているのでしょう。

 

三柱推命には、四柱推命の精度がありません。

そもそも三柱推命(さんちゅうすいめい)は四柱推命のような、よく当たると言われるような精度がありません。一般的に言われる、「四柱推命は良く当たる、占いの帝王」といえるような付加価値がありません(三柱推命なので当たり前です)。

 

時干支(じえと)を考慮せずに命式を出して判断していくということは、「そのお客様の命式の一部が欠けた状態が、お客様の真の姿と捉える」ということに繋がります。

 

三柱推命では、私の行う中国式四柱推命で用いる、「格局(かっきょく)」が正確に出ない恐れがあります。格局が正確に出ないと、正しい喜神・忌神が出ません。正しい喜神・忌神が出ないということは、「何が良い五行か、何が良くない五行か」が全く分からないということです。良い五行、良くない五行が分からないということは、何が巡った時に運気が良いか、良くないかが分からないということです。

 

三柱推命(さんちゅうすいめい)では、「いつが良い運気の年か、いつが良くない運気の年か、良い命式なのか、悪い命式なのか」が、100%の精度(絶対に間違いない)で断言ができないということです。

 

何度も言いますが、三柱推命(さんちゅうすいめい)は、四柱推命(しちゅうすいめい)ではありませんので、一般の皆さまは、くれぐれもご注意ください。もし、どなたかに有料で相談して(プロの四柱推命占い師)、命式表をもらったら、「きちんと時干支がもれなく載っているか」を確認してください。四柱推命なら、下記画像のような「8つの字(4つの天干と4つの十二支)」が必ず載っています。

 

もし、下記のような六字しか載っていない場合は、残念ながら、それは「四柱推命」ではなく、「三柱推命」ということです。最初から、「三柱推命でいいので占って欲しい」とお考えでしたら特に問題ありません。

 

お客様自身が好んで、「三柱推命(さんちゅうすいめい)でいい」という考えで、三柱推命占い師を利用されるのは何も問題ありません。ただ、「四柱推命で占って欲しい(よく当たると評判の四柱推命)」とお考えなら、三柱推命はやめておいたほうがいいと思います。

 

三柱推命占い師は、自身が四柱推命(しちゅうすいめい)をやっていないことに気付いていない?

最近ネット上には、三柱推命やってるのに、「四柱推命やってま~す」とウソをついている人間が跋扈しています。いや、ウソを付いていること自体に、ご自身で気付いていない可能性があります。ウソを付いている自覚が無いのかもしれません。ある意味、幸せな方々です。

 

私が開業した2009年頃は、そんなに多くなかったのですが、11年経過して、すんごく、三柱推命占い師が増えてます。かなり多いですよ。

 

通常は生年月日時まで漏れなく考慮すれば、「八字(はちじ)」になります。八字イコール四柱推命の命式です。しかし、「命式に良い悪いはない」と主張する方は、「六字」しか載せていない。生まれた時刻を考慮しない三柱推命(さんちゅうすめい)だと、「六字」になります。

 

六字(ろくじ)だけ載せて、あれこれ主張しても説得力が無いのでは?

六字を載せて、「命式に良い悪いはない」と主張するのも、少々、説得力に欠けると思うのですが・・・。

 

今からでも遅くないので、世の三柱推命占い師さんは、四柱推命(しちゅうすいめい)をどこかで真面目に学んだほうがいいです。冗談で言ってるのではなく真剣に言ってます。そのほうが絶対にいいと思います。

 

早いところ、「八字(はちじ)」で占う方法をきちんと学んだほうがいいです。そして、「六字で(三柱推命で)占うなんて、なんと愚かなことをしていたのだろう」と早く気付くべきです。それが長い目で見れば、ご自身のためですし、お客様のために繋がります。

 

良くない命式に生まれた方は、それを信じたくない

ここからは少々厳しいことを言いますが、「良くない命式」に生まれた方は、自身が良くない命式ということを信じたくないと思うのです。「良くない命式」と「良い命式」の違いは、率直に言えば「能力の差」であり、「素質の差」であり、「発展性の差」です。「人間性の良し悪しの差」です。「仕事力の差」です。「健康運の差」です。「苦労が多いか少ないかの差」です。

 

四柱推命は本来、非常に吉凶の判断に鋭い(精度も高い)、「生まれの良くない方にとっては冷たい、非情で冷酷な運命学」です(それが本来の四柱推命です)。一般の方が「四柱推命で占ってもらおう(楽しみ~)」と言うような類のものではないのです。

 

悪平等の考えを四柱推命に持ち込んでいる?

昨今、「悪平等(あくびょうどう)」という言葉が存在します。「個性や特質を無視して、一律に同じ扱いにするため、かえって不公平になること」という意味合いです。一時期(ゆとり教育とかの頃でしょうか)、悪平等が教育現場に広まって、「運動会の徒競走で、足の速い子は、ゴール近くで足の遅い子を待ってて、最後はみんな手を繋いでゴールする」なんて話を聞いたことがあります。こんなことやってたら、能力のある子はやる気を無くします。頑張りがいが無い国です。こんな教育を延々とやってたら、いずれ日本は世界競争力を無くして衰退していきます。

 

 

なんでもかんでも、人間は平等じゃないぞ!生まれつきの能力の優劣はあるに決まっているだろ!幸運な生まれ、不幸な生まれはあるに決まってるだろ!健康不健康の差はあるに決まっているだろ!運が強い弱いはあるに決まっているだろ!性格の良し悪しはある。結婚縁が良い女性、良くない女性はいる。お金に恵まれない生まれの人はいる。勉強ができない生まれの子はいる。

 

誰もがオールマイティにそつなくこなせる生まれなわけがない。誰もが品行方正なお利口さんではありません。どうしようもない、金にだらしない男も女もいる。次から次に男を渡り歩くような生まれの女性もいる。生まれつきにギャンブル狂いになりそうな生まれの男も女もいます。生まれつきに「心の病気」に罹りやすい生まれもあります。三柱推命(さんちゅうすいめい)ではなく、「四柱推命(しちゅうすいめい)」で見れば、それらは一目瞭然です。それらについて、「命式に良い悪いはない」と主張するプロの方々は、どのようなお考えをお持ちなのでしょうか。そこを本当に聞いてみたい。

 

生まれつきに騒々しい落ち着きの無い子もいます。生まれつきに聞き分けの良い秀才なお子さんもいます。しかし、その個性は人生を通して、常に一定ではない。そこを私らは見抜かないといけないんじゃない?そこを正確に見ぬいた上で、いつ頃が(何年と何年と何年が)その騒々しさが収まりそうか、いつ頃が(何年と何年と何年が)、その秀才なお子さんが実力を発揮できなくなりそうかを、事前に四柱推命で見ぬくのが私の仕事です。

 

命式に良し悪しは無いなど、適当で無責任なことを言うな

命式に良しあしは無いなんて馬鹿げたことを言ってる占い師は、「四柱推命」という価値ある運命学に、「悪平等」の考えを持ち込んで、四柱推命自体の付加価値を下げる活動を、自身でせっせとやっているのです。それに気づかないのかい?運気が良くない生まれの方に配慮しているのか何なのかわかりませんが、おかしいんじゃない?運気が良い、良くないを正確に見抜いてこその、「その方の人生に対する、四柱推命によるアドバイス」ではないのかい?

 

えっ?そうではない?人生に対するアドバイスはしていない?

 

「先生に言われたとおり、教えてもらった通りに占って、客に伝えているだけ」だって?

 

数か月の勉強でプロになって、プロになるのにかかった費用(ウン十万)を早く取り返すために(稼ぐために)四柱推命をしているだけ?四柱推命を一生やるつもりは無い?

 

人の人生の悩みや困っていることに真剣に対応してたら、こっちが体がもたない?

 

三柱推命(さんちゅうすいめい)をしているつもりは、これっぽっちも無い?教えてくれた先生は、「四柱推命」と言ってた?生まれた時間が無いほうが当たるって言ってた?

 

勝手にしろって感じです。馬の耳に念仏です。豚に真珠、猫に小判です。

 

閑話休題。

 

そんな冷酷で非情な運命学(四柱推命)を「どう扱うか?」、「どう接するか?」は人それぞれです。

 

命式に良い悪いは無いなど綺麗ごとです。臭いものにはフタをするみたいな心理なのでしょう

多くの占い師は、「命式に良い悪いはない」などと綺麗ごとを言います。お茶を濁します。そのほうが「お客」が来るからですよ。わかりやすく言えば「儲かるから」です。日本は商売四柱推命(しょうばいしちゅうすいめい)がまかり通っているのです。

 

プロの四柱推命占い師がお茶を濁すのは、各々自由です。私も、やみくもに厳しいことを言ったりしませんし、言葉をソフトにすることもあります。言葉を選ぶこともあります。命式の良し悪しの判断については「悪いものを良い」と曲げるべきではありませんが、言い方は色々とあると思います。言葉選びは大事です。そこは否定しません。そこは配慮すべきです。

 

ただ、「命式に良い悪いはない」を、あたかも、「四柱推命とはそんなものだ。それが四柱推命だ」というような論調で主張するのは「ウソを言うな!」としか思えません。「悪い命式」を「悪くありませんよ」と言うのは「嘘つき」です。これはいけない。

 

命式には良い、悪いが歴然とあります。これが本来の四柱推命の概念です。

私は、「命式には良い、悪いが歴然とある」と思ってます。命式に良い、悪いがあるからこそ、苦労される方、苦労少ない方がいると思いませんか?。命式に良い、悪いが無いなら、「皆さんの運命、生まれは皆、同じようなもので、人生の幸不幸に差は無い、生涯に稼げる額も皆、大体は同じ」とでも言うのでしょうか?

 

私は、「生まれの良し悪しや、どれくらい稼げる、稼げないが正確に判断できない四柱推命」には全く魅力を感じません。誰もが、「良い命式、良い生まれ」と出てしまうような四柱推命など何の価値もないと思うのです。

 

四柱推命の大衆化が行われる背景について

四柱推命のような厳しい冷酷な運命学をビジネス化するためには、「大衆化」が必要でした。なるべく多くの人たちから、四柱推命が親しまれるためには(お金を払ってもらうためには)、「本当のことでも、あまり怖いこと、悪いことを言わない」必要があります。この時点で本来の四柱推命から離れていきます。そして、「生まれた時刻が分からなくても占おう。そのほうが稼げる(生まれた時刻が分からない人は多いし、時刻を調べるのが面倒な人も多いから)」という考えにより、「生まれた時刻が不明でも大丈夫です。占えますよ」という安易なフレーズが飛び交う大衆的な四柱推命(正しくは三柱推命)が誕生しました。

 

●悪いことはなるべく言わない。

●生まれた時刻は考慮しない(時干支は無くても占える)。

 

上記2つだけを取り入れるだけでも、本来の四柱推命とはずいぶん、趣が違う、別ものに変り果てます。ところが性質(たち)の悪いことに、この三柱推命を行う人間らは、「三柱推命(さんちゅうすいめい)」ということは伏せて、「四柱推命(しちゅうすいめい)」と偽って活動している。「三柱推命してます」と正直に活動している占い師は全くと言っていいほど見かけません。

 

四柱推命の大衆化をとことんまで推し進めた結果が、「動物占い」になります。「動物占い」は、四柱推命の日支の十二運(じゅうにうん)が元になってます。黒ひょうやら、虎やライオンやら、サルやら、コアラやら、色々動物が出てきます。記憶がうろ覚えなのですが、確か、日支の十二運が冠帯だと、黒ひょうになり、長生だとサルで、帝旺か建禄でライオンか虎だったと思います。その他、ペガサスなんかもいたような・・。

 

どんな分野でも業種でも共通するのですが、大衆化する(ビジネス化)際には、「小難しい理論や、やり方をできる限り、すっ飛ばして簡単にする」という試みが行われます。私が行うような中国直系の八字(四柱推命)の見方など、一般の方にはややこしくて面倒で小難しいことは間違いありません。

 

最近、ネット上にてジワジワと広まっている六字(三柱推命)は、動物占いほど大衆化がされていませんが、それでも本来の四柱推命から、随分かけ離れています・・。スタートの時点で「八字(はちじ)」ではなく、「六字(ろくじ)」ですから、当然、通常の八字(はちじ)による鑑定ではありません。

 

話が逸れましたが、そんなフワフワな四柱推命、いや三柱推命(さんちゅうすいめい)を、自信満々に「四柱推命です」と主張するな!と言いたい。何度も言います。下記のような命式(時干支が無い命式)は、四柱推命の命式ではなく、「三柱推命(さんちゅうすめい)の命式」です。

 

天干には「壬、壬、壬」で3字で、地支には「戌、寅、午」で3字です。合計で六字(ろくじ)です。上記の命式は六字(ろくじ)しか無いので、四柱推命(しちゅうすいめい)とは言えません。四柱推命は普通は、「八字(はちじ)」になります。

 

弊社の講座受講者さまの中に、以前、三柱推命団体に片足を突っ込まれていた方がいます。三柱推命が嫌になって、弊社の講座に申し込まれましたが、とても懸命な方だと思います。

タイトルとURLをコピーしました