離婚しやすい命式の人はいます

結婚に不向きな命式
この記事は約5分で読めます。

結婚に憧れるのは男女とも同じです。中には、「結婚なんて興味ない、一生独身で通す」などとあきらめているような人もいるようですが、いざ、良い人が目の前に現れて、お互いに恋に落ちれば考えは変わるものです。相手との幸せな結婚生活を夢見るだけで満たされた気持ちになるものです。しかし、夢をぶち壊すようですが、四柱推命では、「離婚しやすい命式」が存在します。そんな、「離婚しやすい命式」について解説していきます。

 

離婚しやすい命式の方への対応、四柱推命結果のお伝えについて

そのような、「離婚しやすい命式」の方に対して、「いずれ離婚する可能性があるから、傷つく前に、この結婚はやめたほうがいい」などとは言いません。「結婚する」と決まってて幸せそうでしたら、その幸せがたとえ長く続かない可能性があると分かっても黙っておきます。

 

でも、「嘘は言えない」。これから結婚される幸せそうな女性に、「結婚はやめなさい」とは言いませんが、「〇〇様は、〇年から〇年の間、相手の男性に対する言動、行動に注意しないと離婚する可能性があります。この時期は特に注意してください」のようなことを率直にお伝えしてきました。私も、こんなこと言いたくないです。言わないほうがいいのか、言ったほうがいいのか、お伝えの前に逡巡します。でも、「これから仲良く、末永く結婚生活が送れるでしょう」などとウソは言えない。これは私の性分でもあり、紆余曲折を経て固まった弊社の四柱推命方針でもあります。

 

離婚しやすい命式とは、どんな命式か?

離婚しやすい命式に共通するのは、忌神(いまがみ)が強くて、その忌神に対して抑えが効いてないということです。要するに忌神(いまがみ)が強く、喜神(きしん)が弱い命式が離婚しやすいと言えます。通変星は問いません。偏印が強くても喜神なら問題ありませんし、忌神なら良くないです。正官が強くて忌神なら離婚しやすいです(喜神で強いなら問題なしです)。

 

忌神が強く、喜神が弱い命式は離婚しやすい

忌神(いまがみ)が強くて、喜神(きしん)が弱い命式は、「五行のバランスが良くない」などと表現します。例えば、身強の内格で忌神比劫が強く、その忌神比劫を弱める喜神(その喜神は命式によります)が弱い命式です。そのような命式の方でこれからの大運の良しあしも良くない場合、良くない大運と年運が重なる時期に離婚の可能性があります。その他の通変星でも同様に考えます。忌神比劫、忌神食傷、忌神財星、忌神官星、忌神印星が強く、その忌神への抑えが効いてない命式は、生まれつきに離婚しやすい傾向と言えます(大運、年運も合わせて、最終判断をします。命式だけでの判断はあくまでも持って生まれた傾向です)。

 

忌神比劫が強い命式は、どんなことに注意すれば離婚を避けられるか

自我が強くて我がまま、自分勝手と評されるような性格が当てはまりやすい方です。相手(異性)の話をよく聞くことを心がけるべきです。そして、相手の考えに賛同、納得できなくても、それを否定しない。自分の意見、考えばかり主張したり、相手に押し付けない。また、気持ちが感情的になるのを何とかこらえる(それが難しいのですが)。喧嘩、口論などにも十分注意すべきです。その他、友人、知人、会社の方との対人関係に注意すべきです。また、金銭浪費も注意が要ります。以上、挙げたような事柄が発端となって離婚しやすいので注意が要ります。

 

 

忌神食傷が強い命式は、どんなことに注意すれば離婚を避けられるか

相手に対して良かれと思って、あれこれと世話を焼きやすいですが、相手はあまり喜んでないことが多いので注意がいります。そして見栄っ張りで虚栄心が出やすい傾向なので(中身より、外見を気にしたり、体裁を気にしたり。中身のある会話より、華やかな会話を好みやすい)、現実的な事柄は少々苦手かもしれません。

 

また、寂しがりで甘えやすく、恋愛好きな傾向ですが、恋愛依存にも陥りやすいので注意が要ります。中には恋愛が無いと生きていけないかのような方も見られます。楽しいこと、心地よいこと、快楽を求めやすい反面、それが叶わないと心を乱しがちです。相手との関係が悪化すると、自身のことを省みるまえに相手を非難しがちです。

 

 

恋愛は多いのですが、どうもあまり良い交際にならないことが少なくありません(長続きしない。ダメ男とばかり付き合う。相手に振られる)。たぶん、異性をきちんと見極めないままに、ご自身の願望、欲求に任せて(言い方を変えれば情熱的とも言えます)、相手と交際に入るケースが少なくないのでは?と思います。

 

この忌神食傷が強いタイプの方は、なかなか難しいことですが、冷静な行動、冷静な相手選び、自身を省みること、余計な一言、余計なお世話を減らすこと、出しゃばり、喋り過ぎな点を自覚することで、良い出会い、良い結婚生活(安定した結婚生活)が送れる可能性が出てきます。

 

忌神財星が強い命式は、どんなことに注意すれば離婚を避けられるか

財星が意味する通り、「浪費、お金のトラブル、借金、多重債務」などに注意が要ります。このことが原因により、相手から愛想をつかされないように注意が要ります。

 

忌神官星が強い命式は、どんなことに注意すれば離婚を避けられるか

まずはご自身の心の健康、安寧を保つことです。まずはそれが先決です。自身が安定していない状態では、異性を見る目が曇ってますので、なかなか良い相手を見極められません。中には寂しさから次から次に異性を渡り歩くような方も見受けられます。なるべく優しい相手、怒りっぽくない心の穏やかな方が合うと思います。

 

忌神印星が強い命式は、どんなことに注意すれば離婚を避けられるか

相手への要求、頼る気持ちが大きくなりやすいので、「できることは自分でする。相手にあまり頼らない」ということを心がけるといいでしょう。そして、実母からの影響が強い傾向があり、「母離れできていない」方が見られます。母親も大事ですが、配偶者のことをもっともっと気遣ってあげるといいです。その他、高飛車な態度、批判的な言動を自省しましょう。

 

error:
タイトルとURLをコピーしました