命式は変えられませんが、人生は変えられるのでしょうか?(受講者さまからの質問)

この記事は約6分で読めます。

今回の台風は風が強かったですよ。我が家はわりと最近にできた家で、外壁は木ではありませんが、それでも、1番、風が強かった頃に、「ミシミシッ」と家の柱が鳴るような音がしました。では質問にお答えします。

命式は変えられませんが、人生は変えられるのでしょうか?色々な方の命式や生き方を見てこられたと思いますが、生まれ持った運気の影響はどのくらいあると感じますか?
運気は良くないけど、危機をうまく回避できている人とか、反対に良い運気を活かせていない人とかいるのでしょうか?もっと言えば、自身の努力により好転できる可能性や、反対にどんなに頑張っても運命には逆らえないな、と実感してしまうことなど、日々感じていることがあればお聞きしたいです。

回答:限度はありますが、人生はある程度、自身で作れます(努力次第)。生まれ持った運気の影響は人生全体に対して70%ほどです。

今回の質問は、あくまでも私個人の見解、意見を述べます。生まれ持った運気の影響は70%ぐらいでしょう。生まれ持ったものが人生全体に対して7割ほどは影響を与えると感じます。人生における結果の7割が、生まれた時に決まるという意味ではありませんが、生まれた時に、ある程度の人生の枠組みは作られていると考えるのが「妥当」だと感じています。

あくまでも枠組みなので、「その枠組みの中で、どのように生きるかは、その人次第」ということです。その枠組みの外に出ることはできませんが、枠組みの中であれば自由に生きることができるということです。

 

危機をうまく回避できている人とか、反対に良い運気を活かせていない人とかいるのでしょうか?については、「ほとんどの人が(全体の8割ぐらいの方)、危機をうまく回避できてなく良い運気を活かせていない」と感じます。四柱推命をきちんと知らない一般の方で、「今が運気が良い、悪い」を正確に分かる方は1人もいませんので、ほとんどの方が、ご自身の良い運気を活かせてないとなります。

 

命式というものは、「その人のポテンシャルや才能、素質の方向性や強弱など」を示すものです。この「命式」とは、生まれた瞬間に決まると四柱推命では考えます。生まれた瞬間に「将来、どんな方向性の仕事が向く」とか、「性格はどんな感じか」とか、「体は健康そうか、どこが弱そうか」、「お金に困りそうか、お金持ちになりそうか」などが決まるということです。

 

これが生まれ持った、その人の個性であり特性になります。その他、命式には、「良しあし」が出ます。「良い命式、良くない命式」と言われるものです。この「命式の良しあし」も生まれた瞬間に決まります。命式の良しあしは簡単に言えば、「苦労しそうか、苦労が少なそうか」に多少関わると考えてください(多少です。全てではありません)。

 

以上は、生まれ持った、その人の個性であり特性です。これらは生まれた瞬間に決まるので、生まれてから亡くなるまで変わりません。ここはどうしても変わらないです。

 

そしてもう1つ、生まれた瞬間に決まるものがあります。それは、大運(たいうん)というものです。これも生まれてから死ぬまで変わりません。大運(たいうん)とは、大雑把に言えば、いつが運気が良いか悪いかを示すものです。

 

生まれた瞬間に、その人の個性や特性が決まり(命式)、いつ運気が良いか悪いかも決まるということです(大運)。このように四柱推命では考えます。

 

誤解される方が多いのですが、「生まれた瞬間に、人生の結果がもろもろ決まる」と考える方が非常に多いです。これは間違いです。大間違いです。生まれた瞬間に人生がどうなるか?(良い人生か良くない人生か)までは、はっきりとは決まらないです。ただ、ある程度の枠組みは、生まれた時から出来ているということです(命式、大運)。その枠組みの中で、どのような生き方をするか、前向きに生きるか、少し後ろ向きに生きるか、チャレンジする人生を送るか、少し保守的な人生を送るかは選択の余地があります。

 

どの高校に進むか、どの大学に進むかまで、生まれた瞬間に決まりません。どの会社に就職するか、どの人と交際するか、どの人と結婚するか、どこに住むかは選択の余地があります。ただ細かいことを言えば、それらの「選択」についても、枠組みの中での選択にはなります。お住まいの地域の高校に進むことが多いでしょうし、物理や数学が苦手な方が理系の大学には進めませんし、卒業した大学(学んだ学科)により、就職先(業界)もある程度、決まります。

 

「人生は変えられるのでしょうか」という質問の意味合いや「幅」がはっきりと分からないのですが、「苦労しそうな人生を、苦労少ない人生に変えたい」という程度なら、ある程度は変えられるとは思います。ただし、本人の努力次第です。日々、自身を省みて自己啓発を怠らない人と、日々を自堕落に刹那的に生きる方では、当然、結果も変わってきます。

 

例えば、忌神財星が強い方が2人いたとします(忌神財星の強さも同じ、その他の通変星の強さも同じ。大運の流れも同じ。日干も同じ)。ある人はM&L コンサルティングに相談されて、「あなたはギャンブルに興じて、有り金を全て使い果たして、終いには自己破産の恐れがあります。何年から何年までが特にお金が出て行くので注意です。自己破産したくなかったら、お金を使わないように何とかしなさい!」と私から注意を受けたとします。

 

その方は、「自己破産はしたくない。でもギャンブルもしたい。でも破産は嫌だ。家族に迷惑がかかる。自分が浪費癖があるのも分かっている。よし、お金を妻に預けよう。口座のお金も自分で出せないようにしよう」と決めたとします。結果、私から注意された期間の浪費が最低限に減り、自己破産を免れたとします。

でも、この方のギャンブル好きは、私がいくら注意したところで根本的には治りません(笑)。この方がいくら死に物狂いで努力しても携帯電話会社ソフトバンク経営者の孫(そん)さんみたいな、凄腕経営者になれる可能性は間違いなくゼロです。生まれ持ったものですから。ギャンブル好きな点は無くならなくても、「周囲を省みず、ギャンブルに熱中する人生を送るか」、「ギャンブルは良くないな~(でもしたいけど、家族に迷惑がかかる)」と思えるかで結果は変わります。変えれるものと、絶対に変わらないものはあります。努力次第で人生は変えられるとは言っても限度はあります。

 

もう片方の方は、M&L コンサルティングに相談することもなく、日々、ギャンブルに熱中しています。何年から何年がお金が出て行くなどもわかりません。お金は全て自分自身で管理しています。結果、ギャンブルにお金をつぎ込んで自己破産に至りました。

 

あくまでも例え話ですが、このようなことならあり得ます。片方は自己破産しなかったが、片方は自己破産に至りました。命式は変えられませんが、どう考えて、どう行動するかで結果は変わります。

 

以上、お答えしました。

error:
タイトルとURLをコピーしました