実在の物質的な意味での木火土金水と、命式上の五行の関係性(受講者さまからの質問)

この記事は約2分で読めます。

軽い気持ちで始めてみた質問コーナー、大盛況であります。質問は日に日に溜まる一方で、回答がなかなか追いつきません。では、次の質問にお答えします。

五行について。実在の物質的な意味での木火土金水と、命式上の五行は全く無関係でしょうか。例えば火が喜神の人が焚き火を見て心安らいだり、金が忌神の人が金属アレルギーになりやすかったりみたいなことは、やはり全く関係ないでしょうか。

回答:当初は関係は無いだろうと思ってましたが、今では、「多少、関係あるのでは?」と考えが変わってきてます。

この、「実際のモノ(木、火、土、金、水)と五行が関連性がある」という考え方は、四柱推命の世界では、よく出てくる考え方です。私はこの考え方の根拠が、よく分からないのもあり、当初は信じていませんでした。

 

しかし、色々なお客様のケースや自分自身の好みを踏まえると、「多少は関連あるのかな~」という風に考えが変わってきました。一例を挙げると、天干に壬が強い方が浄水器の会社を経営していたり(ただの偶然でしょうか)、滝や清流などの綺麗な水場を好んだりがありました。その他、私自身ですが、日干が癸なのですが、雨の日や曇りの日がなぜか好きです。晴れの日は嫌いではないのですが、雨や曇りの日のほうが気分が落ち着きます。

 

朝起きて、空がドヨ~ンと黒い雲で覆われてたりすると、「こりゃ~、そのうち雨が降るな」と思って、なぜか嬉しくなります(笑)。朝起きて空が晴れていると、どこか眩しすぎて、なんとなく落ち着かないです。

まだまだ検証した数も少ないですし、よく分からない点も多いので断言はできません。今後も検証を進めていきます。

以上、お答えしました。

error:
タイトルとURLをコピーしました