近所のドラッグストアに行ってみた2

この記事は約3分で読めます。

昨日、娘のおやつと家族のアイスを買いに近所のドラッグストア(コスモス)に行きました。もちろんマスクは着けずに入店します。

 

駐車場から店へ歩く際、私だけマスクをしてない。入店すると、やはり私だけマスクをしていない(笑)。店内のお客さん全員がマスクをしている中、私だけマスクをしていない。店の従業員の方も前回はマスクしてない方が多かったですが、今日はほぼ皆さんマスクをしている。

 

なんだこりゃ?と思いました。っていうか、「コロナ以外の、なんか良くないやつが流行っているから?みんなマスクしているの?(はしか?インフルエンザ?)それとも、俺だけ何か大事な情報が伝わってない?」と少し心配になりました(笑)。

 

う~ん、私はマスクしなくても平気というか、マスクを外すのは何も気にしませんが、その場、その場、行った先々で私以外みんなマスクをしているとなると、さすがに「あれ?」と思います。何でしょうね。マスクを外していた人も、皆さん、「あれっ?」と思って、気持ち的に肩身が狭くなってマスクし始めたのでしょうか。よく分かりませんが、私の住んでる地域では、このような感じです。

 

でもね~、コロナは注意はわかりますが、市のウェブサイトを確認すると、現在そこまで、こちらで爆発的にコロナ感染者は増えていないです。コロナが流行り出す前、夏場にマスクして買い物するなんてこと、私は1度も1年もやってなかったです。生まれた頃から40歳そこそこまでの期間、ず~っと、ほとんどノーマスクで社会を生きてきたわけです。

 

コロナ以外の感染力の強い色々なものが市中を漂う中、ノーマスクでもほとんど感染せずに40年以上生きてきたということです。

 

コロナ禍以降、人は「コロナに類した感染性のものに敏感になった。知識的に詳しくなった」傾向として言えるでしょう。結果、自ら積極的に予防対策を講じる人が増えたかもしれません(マスク、アルコール消毒など)。

 

私思うのですが、マスク生活が続くと、抵抗力が弱くならないかなと気になります(素人の浅知恵です)。現在、「コロナ禍を経て、抵抗力が弱まっていて、感染性のものに罹りやすいから、そういったものへの感染を未然に防ぐため、念のためにマスクをする」みたいな方もいるかもしれませんが、マスクをつけっぱなしだと、いつまで経っても、抵抗力アップや、コロナ禍以前の状態に戻らないように思います。

 

だから私はなるべくマスクをせずに生活します。なんとなく、今は危ないかもと感じたらマスクをします。

 

結局、国がお達しを出しても、だんだん、マスクを着ける人が増えていくのでしょうか。今後も観察を続けます。

error:
タイトルとURLをコピーしました