独立開業後、今の仕事をやめようと思ったことはあるか?

この記事は約5分で読めます。

2009年の4月に独立開業したのち、今まで仕事が続いております。皆さまのお陰です。本当にありがとうございます。皆さまから見ると、弊社はこれまで比較的に順調そうに見えるかもしれませんが、開業1年目に限っては経済的な苦労がありました。

 

開業1年目だけは、「この仕事、やめようかな」と思ったことは何度もあります。売り上げが芳しくなく(月に3万前後など)、親からは「あなたは自営業は向かないのよ。早くどこかに就職したら」と言われてました。

 

自分自身は、「(自営業は)向いてる気がするんだけどな~」と思いつつ、お金が無いために、「自営業やめようかな」という気持ちに流されがちでした。そして、2009年の9月頃だったと思いますが、とある公的な仕事(臨時職)の面接を受けました(その時は、完全に自営業をやめる気持ちになっていました)。しかし採用されませんでした。

 

その際、採用されなかったことを「残念に思う気持ち」は不思議と無かったです。むしろ、「やっぱり自営業をしなさいってことかな。うん、そういうことだろう」と気持ちを新たにしました。

 

2009年の9月頃までは経済的に芳しくなかったですが、10月からブログを始めたのちは不思議と売り上げが上がり始めました。毎月、数万前後だった売り上げが、初めて10万を越えたのが、2009年の11月か12月頃です。10月からブログを開始してのちの売り上げアップなので、明らかに、「ブログの影響」でした。そのころはワードプレスでもなく、普通の無料ブログです。

 

個人事業主において、売り上げが増えるということは、即座に「収入(給料)」が増えるということに繋がります(法人の会社社長だと、そうはなりません)。ひと月で10万稼げたという出来事は、大きな自信に繋がりました。まともに自営業をやった経験が無い私自身が、見ず知らずの業界に1人で飛び込んで、コネもツテも人脈もフォローも何も無い中で、自分の力で10万稼げました。

 

「どこかに就職しよう」なんて考えは途端に吹き飛びました。当時、親(母)に、「ひと月で売上が10万出た」と伝えた覚えがあります。母は、「頑張りなさい。あなたはやればできるのよ。昔から、何かしそうな子だと思ってた」みたいなことを言ってました。「全然、前と言ってることが違うじゃないか!」と思いましたが(笑)、母から「就職しなさい」と言われることが無くなったのは良かったです。

 

開業2年目(2010年)に入ると、ひと月で20万の売り上げが出始めました。開業3年目(2011年)で、ひと月で30万の売り上げが出始めると、母から、「あなた結婚は?誰か、いい人はいないの?」みたいなことを聞かれ始めました(笑)。そして、2012年は平均的に、月に40万前後の売り上げでしたが、ある月で、ひと月に60万の売り上げが出ました(その月のみです)。その時は自身もびっくりしましたが、「よし!思い切って、法人にしてもいいんじゃないか(いい流れがあるうちに)」と真剣に考え始めました。

 

※2012年に、何かの用事で、以前、勤めていた会社に行く機会がありました。その際に、その会社の社長さんに、「どう?仕事は調子いいの?」と聞かれました(自身が個人事業をやっているのは知ってます)。「はい、お陰様で、●月の売り上げは60万を越えました」と伝えたら、「ええ~!!すごいじゃない!」とすごく驚かれました。自身は、「そんなに驚くことだろうか?」と思いました。

 

そして、翌年3月に法人成りして、6月に結婚しました。

 

2009年の開業以降、四柱推命を徹底的に勉強して、四柱推命に集中して仕事をやり出したら、売り上げが上がりました。四柱推命に集中していると、仕事が不思議と「上手くいく」感じがします。四柱推命を仕事として行うのは何も不満もありません。

 

「これは、(自分自身は)四柱推命に向いているということなのだろうか?」と初めて考えたのが、法人になってから2年経過した2015年頃です。それまでは、「四柱推命は好きだけど向いているというほどの才能はない(四柱推命のセンスは無い)」と思ってました。食べていくためには、「四柱推命」ぐらいしか使えそうなスキルが無いので四柱推命を仕事にしようという感じで起業しました。

 

しかし法人になったあとも、四柱推命のお客様は年々、増えてました。変な言い方ですが、私としては「そんなに四柱推命を求められても困るな~(ありがたいけど)」と感じていましたが、次々に四柱推命を求めるお客様が出てくる感じです。そして、お客様に感謝されたりする機会も増えてきてました。感謝されたら当然嬉しいです。

 

講座を受講したいという方も少しずつ増えてきてました。「う~ん・・・・もしかして自分は四柱推命に向いているのかな?」と思い始めて、次に、「四柱推命に向いているんだな」と1人で納得したのち、現在では、「向いてるんだろうから四柱推命に全力を注ごう(そのほうが仕事は上手くいくんだ)」という心境です。半信半疑から、次第に確信に近づいていきました。

 

私は四柱推命しかできません。四柱推命以外の運命学は何もできません。それでも「四柱推命」だけで仕事が上手くいく。「四柱推命以外の何か」を覚えようという気になりませんよ。むしろ、「四柱推命以外に手を出すと、仕事が上手くいかなくなるんじゃないか」と心配なので、四柱推命だけに拘って勉強しています。四柱推命の勉強はまだ終わっていません。あと30年ほど四柱推命を勉強したのち、それまでの研究結果をまとめようと思ってます。

 

error:
タイトルとURLをコピーしました